情報技術を使った多言語コミュニケーションの支援。感情も翻訳することができる未来社会を。Ari Hautasaari先生インタビュー

News 2021-02-04

                                        

ヒューマンインタフェース、インタラクション/CSCWを専門に多言語コミュニケーションや感情的価値について研究されているAri Hautasaari先生。研究のバックグラウンドや内容、興味のあるトレンドについてお聞きしました。

Ari Hautasaari/特任講師/情報学環

-研究テーマがヒューマンインタフェース、インタラクション/CSCWということなのですが、主にどんなことを研究されているのでしょうか?

多言語コミュニケーションの支援に興味を持っています。その支援方法の一つは「機械翻訳を用いたコミュニケーション」です。パソコンやスマホなどを使って言語を翻訳することで、母国語が違う人同士のコミュニケーションを支援する技術ですね。

-何がきっかけで機械翻訳に関心を持たれたのですか?

私はフィンランド出身で、経済学と情報処理の両方に興味があったのですが、大学では情報処理の中でマーケティングのことも学べるということで、情報処理のコースへ進みました。修士課程の時に奈良先端科学技術大学院大学に留学するチャンスがあり日本に来たのですが、そこで機械翻訳を用いたコミュニケーションというのを初めて耳にしました。私自身、日本での生活で言語的な壁を感じていたので情報技術を使って何かできないかと思っていました。ただ、ヨーロッパでは言語によるコミュニケーションの壁は、その言語を学べばいいという考えのみでした。それが、日本ではテクノジーによって言語コミュニケーションによる課題解決を考えることは研究になると言われて、その時に、人生の道が開けた感じでしたね。

他国でも機械で書類を翻訳するプロジェクトはありますが、情報技術を使ってコミュニケーションを支援するという研究は日本だからこそ取り組みやすいという印象があります。今、取り組んでいるマーケットプレイスの研究では、自分のバックグラウンドである情報通信、言語コミュニケーション、もともとあった経済学への関心が活かせていると思っています。

メモリーマーケットプレイス。
中古品にある想い出という感情的価値の交換を可能にする未来の市場。

-メルカリと共同研究をされていますが、研究テーマである「感情的価値」、「メモリーマーケットプレイス」というキーワードについて教えてください。昔から研究されてきている概念なのでしょうか?

例えば初めてオンラインでモノを売買した時、それがとてもスムーズに取引が終了すれば、その時の経験は購買したことだけでなく、”メルカリのサービス=良い”というイメージへつながり、メルカリという企業ブランドに対する感情的価値が上がったと言えます。これはマーケティング分野におけるブランディングとして従来よりある概念です。

一方、私が研究を進めているのは中古品というモノにある想い出という感情的価値です。例えば、ピアノを売るときに「6歳から娘が10年使いました。大事にしてください。」という感情的価値が買い手に伝わると価格が高くなる可能性があります。もし、ピアノを同じ様な家族が購入して、また、10年使用すると更に感情的価値は上がります。このように中古品の売買では、モノだけでなくて想い出という感情的価値も交換していると考え、その価値を技術によって買い手へ伝えることができたら、素晴らしいと思っています。

そして、そのビジョンを「メモリーマーケットプレイス」というプロジェクト名にしています。本当は「想い出市場」とつけたかったのですが、大阪にすでにあるようで。笑

-機械翻訳や多言語コミュニケーションと感情的価値はどのような関わりがあるのでしょうか?

今後オンラインでのモノの売買はさらに国際的になっていきます。その様な場において感情的なやりとりをどう支援していくべきかが課題になります。機械翻訳では感情的な情報は翻訳されず、翻訳されたメッセージは、機械で作成されたものであることが相手にはすぐわかってしまいます。また、機械翻訳によるメッセージの文面だけだとその言語の非ネイティブには感情が伝わらず、伝え手が少しだけネガティブな意味を込めた場合も、相手はすごくネガティブに感じてしまうという研究結果もあります。このようなことから、グローバルオンラインマーケットで感情を適切に伝え合うには、テクノロジーによる新しい支援システムが必要だと考えています。

-メモリーマーケットプレイスは、将来どのようになっていきたいですか?

将来的にはグローバルオンラインマーケットにおいて、誰もが円滑にコミュニケーションをすることができる技術を開発していきたいです。それは、今回お話しした企業のブランドに対する感情的価値の側面だけではなく、オンラインサービスのカスタマー間で売買する際にも、想い出の感情的価値があるものを取引できるような、ユーザーにも役に立つ情報技術を作りたいと思っています。

 

-最近注目しているトレンドがあれば教えてください。

ポストコロナの働き方については非常に注目しています。コロナになる前と後では双方にメリットデメリットがあるので、二つの価値・環境を合わせるハイブリッドな働き方を考える必要があると思っています。

個人的には唐辛子の栽培をベランダで始めました。在宅勤務にならなければ取り組まなかったことです。この新しい発見のおかげで、持続可能な農業(sustainable agriculture) に関する技術・手法・研究にも興味を持っています。


CALL FOR SPROUTING RESEARCH RAS 2021 IN VALUE EXCHANGE ENGINEERING

News 2021-02-02

RIISE and R4D, the research and development organization of Mercari Inc., launched a joint research project “Value Exchange Engineering” to conduct extensive research on novel value exchange through rapid technological development.
At this time, we are looking to recruit research assistants (RAs) to work on themes that are consistent with the concept of value exchange engineering but are still at seedling stages, and to foster these themes to main research of value exchange engineering in the future.
If you are interested in applying, please read the application guidelines below and submit your application.
*1 This is an addition to the call for Sprouting Research RAs that was called in October 2020.

Forms
Application form (ECCS Cloud Email required)
Research Proposal form (ECCS Cloud Email required)
Application for Excellence(Only those who want to apply for Excellent RA / ECCS Cloud Email required)

◆Eligibility
Graduate students in the Graduate School of Engineering, Graduate School of Frontier Sciences, Graduate School of Information Science and Technology, GSII, Institute of Industrial Science, and Research Center for Advanced Science and Technology, Graduate School of Economics(*2) at the University of Tokyo.
(*2 The Graduate School of Economics plans to participate in RIISE from April 2021.)

About Research Assistants
– Excellent RA: Doctoral students of the Graduate School of Engineering or Master’s students of the Graduate School of Engineering. Additionally, Master’s students must have a GPA of 2.5 or higher, or be recognized as having high research ability by research outcomes that have been published externally.
– Research Assistant: Doctoral students
– Technical Assistant:Master’s students

◆What you are applying for
We are looking for RAs to work on sprouting research themes consistent with the concept of value exchange engineering.
In addition to research publications and conference presentations, the research also covers efforts towards practical outputs in value exchange engineering, such as applications and other product implementations.

◆Features of the Program
Accepted research proposals will be treated as part of the value exchange engineering research collaboration. Those who wish to do so may conduct their research while interacting with R4D members. You will also receive advice from the multidisciplinary faculty members involved in the RIISE project. (Monthly progress report)
Those in advanced stages in their research will be given the opportunity to discuss with researchers and board members of Mercari.


Application instructions

◆Research period
In principle, the period from adoption to the end of fiscal year 2022. (*3)
At the end of the research period, if the grantee wishes, additional support called the Acceleration Phase may be available for up to one year. Research topics that are expected to become even more significant with continued research support can be selected for the Acceleration Phase. Grantees must decide whether they wish to participate in the Acceleration Phase before the progress evaluation scheduled one year after the start of the initial research period. The maximum duration of the Acceleration Phase is one year from the day after the initial research period is completed.
The research theme of your application may be the theme of your master’s or doctoral thesis pending an agreement with your academic advisor.
(*3) The actual research period will be determined by careful review and approval of the submitted research plan.

◆Total budget
In principle, the budget for each research project is approximately 2 million yen (direct costs). The details of the budget are subject to review and approval of the research plan to be submitted.
The adopted research funds will be used as part of the joint research funds for value exchange engineering between RIISE and R4D. Please note that the use of the funds is subject to the financial accounting rules of the University of Tokyo.

Research expenses (direct costs) are expenses that are directly necessary for conducting research and can be used for the following purposes

a. Supplies: expenses for the purchase of new equipment, fixtures, supplies, etc.
b. Travel expenses: travel expenses for research staff and other research participants listed in the research protocol
c. Others: research results presentation costs (e.g., article submission fees), equipment leasing costs, transportation costs, etc.

The research plan should state the direct costs.
For your RA or Excellent RA preference, please review the RA treatment in the reference section and select your preference on the application form.

◆Number of research themes to be adopted
A maximum of five (5) applications. The number of accepted applications is subject to change depending on budget and other circumstances.

◆How to apply, schedule and selection
Application process
– Participate in an online briefing session (optional)
– Application form deadline: 17:00, Monday, March 117:00, Friday, March 5
– Application for Excellence(Only those who want to apply for Excellent RA) deadline: 17:00, Monday, March 117:00, Friday, March 5

Online Briefing Session (Participation is optional)
– Date: February 9, 2021, 19:00~20:00 (zoom from here) (ECCS Cloud Email required)
Recorded video (ECCS cloud mail required)
Presentation document & contact information (ECCS cloud mail required)

Notes on filling in the form
– Please include your affiliation, name, email address, research title and research summary in the application form.
– You must obtain consent from your affiliated laboratory before applying.
– Please indicate if you wish to receive advice from RIISE participating faculty members, persons in charge at R4D, or a department of Mercari. (optional)
– Please note that applicants for the Excellence RA have two submissions to make.
– Also, you may be selected as RA if you have been applying for the Excellent RA but have been unsuccessful. In this case, the secretariat will contact you during the selection process.

Selection
After reviewing the applications, the successful applicants will be selected through online interviews on March 15 or 16.

Selection criteria and method
After fulfilling the application requirements, online briefing sessions (optional) and other information will be delivered to help the students understand value exchange engineering and its objectives. The feasibility and expectations on the research results will be reviewed by the RIISE participating faculty members.

◆ Notes
Please be aware of the following requirements for application.
– If it is determined that a research proposal does not meet the requirements for application (e.g., the subject of the application) by the time it is adopted, the proposal will be rejected or not accepted, as a rule.
– If you are unable to meet the application requirements before your proposal is approved, your proposal will be rejected or not accepted, in principle. If the requirements are not met during the research period, the research theme will be terminated in whole or in part (early termination), as a rule.
– The adopted research theme will be treated as a part of the collaboration between RIISE and R4D. Therefore, the grantee is required to comply with the rules and guidelines of the University of Tokyo’s Office of Cooperative Research and Development.

Division of University Corporate Relations, The University of Tokyo,
https://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/en/

◆Reference: Labor cost treatment of RAs
There is a limit to the number of overlaps with JSPS Fellowship DCs and other fellowships. Please check with your graduate school for the overlap rules.

RA and Technical Assistant 
Compensation: Master’s program: ¥150,000/month (standard), Doctoral program: ¥200,000/month (standard)
There is a limit to the number of overlaps with JSPS Fellowship DCs and other fellowships. Please check with your graduate school for the overlap rules.

Excellent RA – 1 person
Compensation: ¥200,000 per month for master’s course (standard), ¥280,000 per month for doctoral course (standard)
There is a limit to the number of overlaps with JSPS Fellowship DCs and other fellowships. Please check your graduate school’s rules regarding overlap with other fellowships.


価値交換工学 萌芽研究RA等2021の募集について

News 2021-01-29

RIISEでは、メルカリの研究開発組織R4D(以下、「R4D」)と共同研究「価値交換工学」を立ち上げ、テクノロジーの急速な発展による新たな価値交換について、既存の学問の枠にとらわれない、幅広い研究を行っています。この価値交換工学のコンセプトに合致しつつもシーズ段階にある研究を見出し、今後の「価値交換工学」の主要研究として育むべく萌芽研究とそれに取り組んでいただくRA等を募集いたします。
希望者は、下記の応募要領をお読みいただき、フォームを通じてご応募ください。
(*1. 2020年10月に募集した萌芽研究RAの公募第2段です。)

【応募様式】
応募フォーム(要ECCSクラウドメール)
研究提案書 (左記の様式をダウンロードし、記入の上、PDFファイルで応募フォームへアップロード)
卓越RA応募書類(部局卓越RA希望者のみ提出、要ECCSクラウドメール)
※工学部情報ポータル掲載時にありました希望調書の提出は不要となりました。部局卓越RA希望の方は、研究提案書と卓越RA応募書類を提出ください。

◆募集対象
RIISEの連携部局である工学系研究科、新領域創成科学研究科、情報理工学系研究科、学際情報学府、生産技術研究所、先端科学技術研究センターおよび経済学研究科*2に所属の大学院生。
(*2  経済学研究科は2021年4月よりRIISEに参画予定です。)

 【RA(Research Assistant)等について】
 ・部局卓越RA:対象は、工学系研究科博士課程の学生または、工学系研究科修士課程の学生。
 (修士課程の学生は成績評価係数が2.5以上もしくは外部発表された研究成果により高い研究能力を有することが確認できる方。)
 ・RA:対象は、RIISE連携部局の博士課程学生
 ・技術補佐員:対象は、RIISE連携部局の修士課程学生

◆募集事項
価値交換工学のコンセプトに合致する萌芽研究とそれに取り組んでただくRA等を募集いたします。
研究は、論文、学会発表の他、自ら生み出したい価値交換工学としてのアウトプット(アプリなどのプロダクト実装など)への取り組みも対象です。

◆本プログラムの特長
採択された研究テーマは、価値交換工学の共同研究の一部として取り扱います。希望者はR4Dメンバーとも対話しながら、研究を進めることが可能です。また、分野横断的に構成されたRIISE参画教員からアドバイスをうけることができます。(月1回程度の進捗報告)
一定の進捗が得られたものは、メルカリ社の研究者や役員等とのディスカッション機会を得られる予定です。


応募要領​

◆研究期間
原則として採択から2022年度末までです。(*3)
その後に採択者が希望する場合は、加速フェーズと呼ばれる追加支援を1年間受けられる可能性があります。加速フェーズは、研究を引き続き支援することでより一層大きな成果になることが期待される研究テーマを選定するものです。採択者は、研究開始1年後を目処に実施する進捗評価までにこの加速フェーズを希望するかを判断して申請します。加速フェーズは、研究終了日翌日より最長1年となります。
なお、応募テーマは、指導教員の合意の上、修士論文、博士論文のテーマとして取り組んでいただいても結構です。
(*3)実際の研究期間は、提出いただく、研究計画の精査・承認により決定します。

◆研究費
1課題あたりの予算規模は、原則として2百万円 (直接経費)程度とします。予算の詳細は、提出いただく、研究計画の精査・承認により決定します。
採択された研究費は、RIISEとR4Dとの価値交換工学における共同研究費用の一部として取り扱います。使用には東京大学における財務会計ルールに基づく手続きが必要であることをご留意ください。

研究費(直接経費)とは、研究の実施に直接的に必要な経費であり、以下の使途に支出することができます。
 a. 物品費:新たに設備・備品・消耗品等を購入するための経費
 b. 旅 費:研究担当者および研究計画書記載のその他の研究参加者等の旅費
 c. その他:研究成果発表費用(論文投稿料等)、機器リース費用、運搬費等

研究計画には直接経費を記載ください。RAもしくは卓越RAについては、制度および待遇を「研究参加者の人件費待遇について」の項目でご覧いただき、ご希望を応募フォームへ記載ください。

◆採択予定課題数
最大5件。採択件数は、予算等の諸事情により変動する場合があります。

◆応募方法・スケジュール・選考
○応募の流れ
・オンライン説明会へ参加(任意)
・応募フォームへ必要事項を記入して応募。締め切り:3月1日(月)→3月5日(金)17時まで
・部局卓越RAで応募される方はあわせて、卓越RA応募書類を提出。締め切り:3月1日(月)まで→3月5日(金)17時まで

 【オンライン説明会(参加は任意です)】
 時間: 2021年2月9日 19:00~20:00(こちらよりzoom開催
 録画動画(要ECCSクラウドメール)
 説明会資料・問い合わせ(要ECCSクラウドメール)

 【記入上の注意点】
 ・応募フォームには、所属、氏名、メールアドレス、研究タイトル、研究概要を記載ください。
 ・応募には、所属研究室の合意が必要です。
 ・アドバイスを希望する場合は、応募フォームにRIISE参画教員、R4Dの担当者またはメルカリ社の部門を記入ください。(任意)
 ・部局卓越RAに応募される方は、応募フォームと卓越RA応募書類(3/1まで)の2つの提出があることにご注意ください。(工学部情報ポータル掲載時にありました希望調書の提出は不要となりました。)
・部局卓越RAを希望されたものの不採択となった場合に、RAとして選考を行うことが可能です。その場合には、選考の過程で事務局よりご連絡いたします。

○選考
 応募いただいた研究テーマについて書類選考を行なった後、通過者に対し3月15日・16日に面談(オンライン)を行い、採択します。

○採択基準・審査方法
 応募条件を満たした上で、オンライン説明会(任意)やその他の情報を通じて価値交換工学について理解をしてもらい、その目的にあっているか、また、成果の実現性や期待値をRIISE参画教員により審査します。

◆応募に際しての注意事項
応募要件に関して、以下のことを予めご承知おきください。
・採択までに応募要件(募集対象等)を満たさないことが判明した場合、原則として、研究提案書の不受理、ないし不採択とします。
・応募要件は、当該研究課題の全研究期間中、維持される必要があります。研究期間の途上で要件が満たされなくなった場合、原則として当該研究テーマの全体ないし一部を中止(早期終了)します。
・採択された研究テーマは、RIISEとR4Dとの価値交換工学における共同研究の一部として取り扱います。そのため、採択者は、東京大学民間等共同研究取扱規則をはじめとする東京大学 産学協創推進部本部に掲載の関係規則等およびガイドラインを遵守することが求められます。
東京大学 産学協創推進部本部

◆参考:研究参加者の人件費待遇について
※待遇については、所属や学年、他の助成、雇用の有無、審査結果によって変わるため、不確定要素があります。ご了承ください。

○ 部局卓越RA 1名まで
 待遇:修士課程20万円/月(標準)、博士課程28万円/月(標準)
 日本学術振興会特別研究員DC等との重複制限があります。重複に関する受給ルールは各自所属研究科でご確認ください。

○ RAおよび技術補佐員
 待遇:博士課程20万円/月(標準)、修士課程15万円/月(標準)
 日本学術振興会特別研究員DC等との重複制限があります。重複に関する受給ルールは各自所属研究科でご確認ください。
 修士課程の学生は、技術補佐員(短時間勤務有期雇用教職員)としての雇用となり、時給×単価によって支給額が決まります。


意外な組み合わせを誰もが形にできるツール開発とは。
吉田博則特任研究員インタビュー

News 2021-01-13

    

現在FabCafe Tokyoで開催中の「WOOD CHANGE Exhibition」に「Tsugite」を展示中の吉田博則特任研究員。作品に盛り込まれている研究要素や今取り組まれている研究についてお話を伺いました。

デザインのためのツール開発
そこから生まれる新たなデザインの可能性

-現在「WOOD CHANGE Exhibition」で展示されている作品「Tsugite」について教えてください。

「Tsugite」は、伝統構法の継手・仕口の組み方に着想を得たプロジェクトでMaria Larssonが主著の学術論文として発表しています。元々素材と素材をくっつけることに興味があり始まったプロジェクトです。木造建築など木を素材とする場合、必ず問題になるのがどうやって木をくっつけるかということなのですが、組み木のなかでも線状につなげるのが「継手(つぎて)」、それ以外のコーナージョイントなどを「仕口(しぐち)」といいます。継手は、何百年も前に木が少なる中、何とかして長い材料を手に入れたいということで先人たちによって発明されました。組み方にこうした知恵を投入しているところがポイントです。

-日本科学未来館では、「Swirled Branches」という作品が常設展示されていますよね。同じ手法なのでしょうか?

同じ”ものとものをくっつける”という作品ですが、「Tsugite」は組む部分に着目したのに対し、「Swirled Branches」は複雑に曲がった形状や異なった形状のものを組むということに視点を置いた作品です。

-デザイナーであり、デザインが完成されるのに必要なツールの開発をされているということなのですが。

”作品を作っている人=デザイナー”というイメージがあると思いますが、デザイナーのためのツールを開発する人たちもまた、デザインをやっていると言えます。例えば、インテリアデザイナーは製作過程でコンセントの位置を決めたりしますよね。そこで手助けするツールがあれば効率が上がったり、簡単に統一感が出せたりするようになるわけで、そのツール作成もデザインです。そうしたツール作成のアウトプットから、研究としての新規性も主張できたらと思っています。

-Tsugiteは作品としての側面も持ちつつ、それを作成するためのツールもまた成果なんですね。研究として「木工継手・仕口」に取り組まれ10月に学術リリースをされていれていますよね。研究の観点から、今回の作品に盛り込まれている要素を教えてください。

デザインをする人たちが他の人と差を出すためのポイントとしてよく言われているのが ”ディテールをどう処理するか”です。例えば、金属と木など違う素材を組む時にくっつくところのディテールがどう見えるか。同じような部分にこだわってる人たちには「Tsugite」はパワフルなツールになると思います。

ディテールの処理には経験や勘が重要な分野になってきますが、「Tsugite」は誰でも簡単に複雑なジョイントを作れるようにしたところがポイントです。デザインのためのツールであるとかデザインが完成するために必要な要素にこだわって最新技術を用いてきたのが評価していただいている部分かなと。

「Tsugite」(出典:http://ma-la.com/tsugite.html)

日本科学未来館で展示されている「Swirled Branches」(出典:http://ma-la.com/tsugite.html)

身の周りのものを再構成することで新鮮さが出る。
そこに価値が生まれるということが大事

-Swirled Branchesでは素材全体の形状や使われていない素材について、Tsugiteでは素材と素材の接続部に着目されていますが、他にも気になっているものはありますか?

そうですね。建築家という概念が出る前、日本では宮大工が西洋ではマスタービルダー(大工の棟梁)がいました。適材適所という考え方なのですが、彼らはすでにある材料をみて、その場で配置を計算して組み立てていったんです。計算技術を使ってそういうことがまたできるようになれば素材の有効活用などに使える概念だと思います。

-youtubeで「BranchConnect」という子供向けのWSを拝見しました。様々な活動をされていますが、どんな思いがあって行っているのか教えていただけますか。

研究の大きな格子があって、なぜコンピュータ計算機を使うのかということは常に考えているのですが、わたしの場合、コンピュータを使うことで、今まで難しいとされたことを広く一般に開放していきたいという思いがあります。老若男女、5,6歳のお子さんでも何かデザインできたり、逆にそうした人たちの方が、囚われないアイデアを出してくるので面白かったりしますね。

-自身の研究を社会実装していくにあたり考えていることは?

実際、研究者がひとりで社会実装まで行うのは難しく、周りの協力が必要です。なので、まずはきちんとサンプルを作り見てもらうことからですね。「WOOD CHANGE EXHIBITION」では、ジョイントの部分が展示されているので一見作品っぽくはないんです。ものをつくる人たちがそれを見て、これをデザインしたツール使ってみたいと思ってくれれば大成功。そのツールからさらに新しい形が生まれたら社会実装につながると言えますね。

直角に木を組む方法はたくさんあったけどよくみたらちょっと違う。そういう新鮮な発見を提供できるといいですね。ありふれた素材を使って、人それぞれが考えたものを自分で簡単に形にできるといいなと思います。

-価値交換工学の視点から今後やっていきたいこと意気込みを教えてください。

ぱっと見面白く無いもの、見向きもされていないものに少し手を加えることで驚きや新鮮さを提供できるとそこに価値が生まれるということが大事だと思います。身の回りにあって見方が定着してしまったものに対して、何かしらの操作ができるといいですよね。例えば、ツールを使用することでガラスと鉄をくっつけられる、壊れている部分が3Dプリンタで直る、といった部分を価値として提供できればと思います。現在はLAに展示するための作品を制作中です。現地の素材で作品を作ることを考えていて、展示を盛り上げていきたいです。

Information(https://www.riise.u-tokyo.ac.jp/news-vxe-exhibition-yoshida/)
期間:12月19日(土)〜1月11日(月)
平日 8:30-20:00 / 土日祝 10:00-20:00 (2020.12.16現在)
入場料:無料
場所:FabCafe Tokyo
東京都渋谷区道玄坂 1-22-7 道玄坂ピア1F
FabCafe Kyoto @京都(1月15日〜1月30日)、FabCafe Nagoya @名古屋(2月2日〜2月15日)にも巡回予定。
https://awrd.com/award/woodchangeaward
https://fabcafe.com/jp/events/tokyo/20201219_wood_change_meetup

<関連リンク>

Tsugite: Interactive Design and Fabrication of Wood Joints
http://www.ma-la.com/Tsugite_UIST20_reduced_file_size.pdf

日本科学未来館
https://www.miraikan.jst.go.jp/exhibitions/future/digitallynatural/


伝統技術への新たな光 ”Tsugite”
「WOOD CHANGE Exhibition」にて展示決定

News 2020-12-22
Photo by  Fab Cafe

2020年12月19日(土)〜2021年1月11日(月)、FabCafe Tokyoで開催中の「WOOD CHANGE Exhibition」にMaria Larssonリサーチアシスタントと吉田博則特任研究員が共著の「Tsugite」がアイディア事例として展示されています。

 Photo by Fab Cafe

クリエイティブなアプローチで国産材の利用拡大を目指すロフトワーク主催のプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」の連動企画として開催されている本展。また展示に先だって、ウェブページでは3同著者のSwirled Branches(未来館で展示中、下記画像参照)が紹介されています。

世界的に高く評価されている日本の伝統技術「継手・仕口」。本展示では、これらの技術を持続可能な視点から捉えた新しい「Tsugite」に出会うことができます。

釘を使わずに木材を接合する技術は、見た目やクオリティーなどの面において高く評価されている一方、設計が困難、手作業の手間などの問題も抱えています。そこで、計算機と切削加工機を用い、設計・製作のためのインタラクティブシステムを開発することでカスタムメイドの木工接合部のデザインと製作を容易にしました。

さらに、金属製の固定具や接着剤を使用せず接合を行うことによって、廃棄物の選別とリサイクルの際の素材の混合を軽減できます。建物や家具といった製作物は分解が可能なため、破棄せず組み立て直して再利用することも可能です。これらの取組みは自然で再生可能な木材の持続可能性を向上することへとつながります。伝統を守り、環境問題へ貢献していく。持続可能な未来を期待させる作品です。
                                           (取材・文 米山麗華)

Information
期間:12月19日(土)〜1月11日(月)
平日 8:30-20:00 / 土日祝 10:00-20:00 (2020.12.16現在)
入場料:無料
場所:FabCafe Tokyo
東京都渋谷区道玄坂 1-22-7 道玄坂ピア1F
FabCafe Kyoto @京都(1月15日〜1月30日)、
FabCafe Nagoya @名古屋(2月2日〜2月15日)にも巡回予定。
https://awrd.com/award/woodchangeaward
https://fabcafe.com/jp/events/tokyo/20201219_wood_change_meetup

吉田博則HP
http://www.hy-ma.com
東京大学
計算機と切削加工機による 木工継手・仕口の設計・製作のための インタラクティブシステムを新たに開発 
日本経済新聞
東大、木工接合部(継手・仕口)の設計および製作のためのインタラクティブシステムを開発/日本経済新聞


フェアでスムーズな価値交換の実現を目指して。
望ましい交換を導き出す計算とは。
河瀬康志特任准教授インタビュー

News 2020-12-09

フェアでスムーズな価値交換を実現するためにはどんな交換が望ましいのか−。
河瀬康志先生は、望ましい交換の条件を計算によって導き出すために最適化技術を用いたアルゴリズムを研究されています。
耳慣れない言葉も多い数学の世界。実際にどのような研究を行われているのか、お話を伺いました。

河瀬康志(KAWASE Yasushi)
東京大学大学院情報理工学系研究科 数理情報学専攻
東京大学インクルーシブ工学連携研究機構
特任准教授
略歴


-まず、先生の研究トピックについて教えてください。

最適化問題(*1)の中でも「組合せ最適化」という分野に興味を持ち研究をしています。例えば、現在地から目的地までの最短経路を見つける問題や、いくつかの宿題をどのような順番で処理したら、期限に遅れる可能性を最小限にできるかという問題の「解」を求めることを組合せ最適化といいます。

解はコンピュータを使っても、単純にやると答えを求めるために何億年もかかってしまうことがあります。そこで、問題の構造を解析し効率的に最適解を求める方法(アルゴリズム)を構築することが、研究のひとつの目的となります。

また、現実世界では、そもそも最適解を見つけることが不可能な場合もあります。例えば、株の取引や競馬などです。未来がわからない中で意思決定しなければならないときは、最適解ではなく、どの程度「良い」解ならば求めることができるかを考えるという研究も行っています。

-さらに先生が専門とされているキーワードが、「オンライン最適化」と「「マルチエージェント最適化」ということなのですが。

「オンライン最適化」は未来がわからない中で意思決定をしていく最適化です。「オンライン」というとインターネットを想像してしまいますが、逐次的に入力がくるというのがオンラインの意味です。例えば、現在地から目的地までの最短経路で移動しようとする場合、道をいくごとに交通状況が変わりますよね。通常の最適化では計算する時点での状況で最短経路を求めればよいですが、オンライン最適化では逐次的に意思決定をしていかなければならないという違いがあります。

「マルチエージェント最適化」は、意思決定者が複数いるオークションなどの状況での最適化です。他人とどう協調し自己の利益を最大化するかや、どういうルールや制度を設計するのが望ましいのかについて最適化問題の視点から研究します。

-不確実な未来へのチャレンジとも言えますね。

そうですね。現状をモデル化した上で、どうするかを考えていく。最適な結果を得られるようにうまくコントロールするとも言えます。逆問題ではないんですね。

-日々の研究活動というのはどんな感じなのでしょうか?
楽しいなと感じるのはどんなときですか?

基本的には数学なので、紙と鉛筆(iPadとアップルペンシル)を使って定理を証明することがメインの研究活動です。どのような定理が成り立つかや、証明を考えるために考える時間が一番多いです。

他の研究者とディスカッションのときは楽しいですね。お互いアイデアをぶつけ合って、これだというのが見つかると。集まって黒板に実際の問題を書きながら、理論が成り立つかとか話をします。最近はzoomでやったりしているのですが、オンライン会議では難しい面もあり模索中ですね。

-情報収集のために日常生活でアンテナを張られていること、ひらめく瞬間というのがあれば教えてください。

最近は行動経済学の本をAudible(オーディブル)で聞いてます。研究内容に直結はしなくてもアンテナを広げるという意味では役立ちますね。日常生活で他のことをしているときに思いつくこともあります。”あれ?これで行けるかな”って。9割はダメなことも多いですが、いけるときももちろんあって。寝るときとか、常に考えているという感じでしょうか。

-すごいですね。学生への指導でひらめきについて話すこともありますか?

もちろんひらめきだけではなくて、ある程度知識が必要なので、うまく与えるようにしています。適切な問題を考えるのが研究の半分ぐらいと言われているので。適切な問題をうまく作って解くという感じです。


話題となっているオークション理論。
異なる分野間の協力がもたらす可能性。

-最近ノーベル経済学賞で話題になっているオークション理論についてどう思いますか。

オークション理論は経済学の分野で研究がはじまり、基盤ができたものです。その名のとおり競りや入札において 最適な戦略を考えるという点で、最適化に関連しています。その後コンピュータサイエンスの分野の研究者がオークション理論を含む経済理論を取り入れたアルゴリズム論の研究を開始し、アルゴリズム的ゲーム理論というあらたな分野としてコンピュータサイエンスと経済学の研究者が手を組んだ研究も近年行われているという状況です。

コンピュータサイエンスのスタート地点は「コンピュータ」で経済学は「人」なので、興味の対象やアプローチは異なるものになっています。研究者間のコミュニケーションも活発にとられていますが、違う種族という印象は受けます。

-アプローチが違うんですね。コミュニケーションにはコツがあるのでしょうか。

ここ20年ぐらいでコンピュータサイエンスの人たちが経済学に乗り出しました。Googleとかマイクロソフトも経済学を取り入れています。身近なところで言えば検索広告もどれを出すか決めるのにオークションが動いているんです。コンピュータサイエンスの面もあるし、オークション理論なので経済学の面もあります。

共同で行うときは、お互いの概念をまず聞いたりします。例えば、経済学では嘘をつかないようにインセンティブを設計することが考えられたりしています。これはコンピュータサイエンスの分野ではまず思いつかない概念です。 

-数理工学と経済学など複数の領域が一緒に取り組むことで、最適化問題の研究の可能性は広がると思いますか?貢献できる社会問題も増えるのでしょうか?

融合ではないですが、互いに協力することにより、お互いの分野を深めることができると考えています。最適化は様々な分野の基盤技術として役立ちます。しかし、経済学など新しい分野に適用し問題を解決するためには、その分野特有の制約条件などを扱う必要があり,新たな課題を克服することが必要となります。これは最適化分野自身の理論の発展にもつながりますし,お互いの分野の深化につながると考えます。

まずは、社会問題への応用の前提となる、公平に割り当てるという問題にはどのような数学的に良い構造があるかを追求したいです。応用の問題を解くためにはなにが必要なのかという部分ですね。

-価値交換における今後の課題や展望、RIISEでやりたいことを教えてください。

効率性と公平性の両立を目指したいです。効率性には、社会にとって無駄がない価値交換が実現できているという意味の効率性と、計算の効率性の2つの意味がありますが、どちらも実現したいです。つまり、社会の効率性と公平性を両立させた交換を効率よく計算するということについて、何ができ、何ができないかを理論的に解析していきたいですね。


Poimo, UIST2020「BEST DEMO AWARD」受賞インタビュー

News 2020-11-16

UIST2020でpoimoの論文が採択され「BEST DEMO AWARD」を受賞しました!東京大学とmercari R4Dが共同で開発を行っているポータブルモビリティ「poimo」の研究が評価された今回の受賞。トップカンファレンスの臨場感や受賞の裏側、インクルーシブな社会実現のための展望について受賞者へ聞きました。

「BEST DEMO AWARD」受賞者紹介

新山 龍馬 / NIIYAMA Ryuma
(大学院情報理工学系研究科講師。専門分野は知能ロボティクス)

佐藤 宏樹 / SATO Hiroki
(大学院情報理工学系研究科 学術支援専門職員。poimoプロジェクトリーダー)

鳴海 紘也 / NARUMI Koya
(大学院情報学環助教。専門分野はヒューマン・コンピュータ・インタラクション、ソフトロボティクス、
デジタル・ファブリケーション)

山村 亮介 / YAMAMURA Ryosuke
(mercari R4D リサーチャー。大学院工学系研究科共同研究員、竹芝CiP City&Tech委員会委員)



できることをやった結果。
偶然デモが盛り上がったというわけではなく、積み重ねによって得た賞

−では、まずUIST*とはどんな国際会議なのか、どんな思いを持って参加されたのか教えてください。

新山:私はUISTは3回目の参加で、縁がある国際会議です。ヒューマン・コンピュータ・インタラクション (HCI) の分野の中では、技術寄りのことを評価してくれる会議で、poimoの驚きを理解し、さらにその先の思いがけないような提案をしてくれる研究者がいる印象です。

鳴海:HCIの会議というとまずCHI**とUISTが思い浮かびますが、UISTはそれまでの内容からちょっと精度がよくなったものよりも、0が1になるかっこいい何かが見たい人が集まると思うので、poimoには非常に向いていました。

佐藤:HCIの分野でCHIとUISTは2大巨頭のようになっていて、調べていくと有名な人たちもみんなここを通っています。この2つの学会へ論文を通して参加したいという気持ちは元々あったので、ぜひ頑張ろうと思いました。

山村:私は、メルカリの立場で研究に参加しています。今回は翌日にpoimoの別の国内デモがあったため、UISTデモの現地では参加していませんが、mercariR4Dとしてトップカンファレンスを通したものがまだなかったので非常に嬉しかったです。poimoってちゃんと論文通しているんだな、ってメルカリの中でも見る目が一つ変わったので本当によかったなと。

*UIST: ACM Symposium on User Interface Software and Technologyヒューマン・コンピュータ・インタラクション分野の国際会議。第33回目の今回はオンライン開催。
**CHI:The ACM CHI Conference on Human Factors in Computing Systemsヒューマン・コンピュータ・インタラクション分野の国際会議。

−事前に評価されているという手応えはあったのでしょうか?

鳴海:テーマ自体の良さに関してはメンバー全員に自信があったのですが、論文としての完成度は正直不十分だと思っていました。査読者が細かい部分よりも取り組んでいる課題の重要性を評価してくれたというのは嬉しいところですね。

−査読コメントって厳しいことも結構書かれるんですか?

鳴海:厳しいですね。辛いです。基本辛いですが、今回のpoimoは比較的暖かく迎えられました。

新山:ほっとしました。暖かい気持ちになった。

−今回の論文で評価された点はどこなのでしょう?

一同:査読コメント思い出さなきゃ。笑

佐藤:マテリアルが柔らかく新しいものであったのと、個々人に合わせてデザインできるカスタマイズ性がうまく噛み合っていたところが、ロジックとしてグッとくるものだったのでは。

鳴海:poimoはメディアには登場していたけど、フルペーパーという10ページぐらいの論文としては初登場でした。なので提案それ自体が純粋に評価されたというのはあります。

佐藤:あとはコロナのこともある中、できることをやった結果。ユーザインタビューも踏まえて総合的に一本通した内容になっているんじゃないかと思います。

初のオンライン開催、締切の延長。変化の中での準備期間

−デモや発表の準備はどのくらいしたのでしょうか?

鳴海:UISTに出す決心は、投稿締め切り約7ヶ月前の昨年の9月ごろ。少しづつ準備していって、締め切りの4月が迫った今年3月の1ヶ月間は本当に猛スピードで作業しました。

山村:コロナの影響で締め切りが伸びて、GW明けになって。

佐藤:著者の中にいわゆる「学生」が一人もいなく、全員が職業を持っているという珍しいメンバー構成だったので、3月頃からしか始められなかったというのが正直なところですね。

山村:印象にあるのは、コロナで輸送が止まり予定していた物が届かないかもしれないとバタバタしたこと。その代わり締め切りが延長されたので助かりました。

−コロナの影響という点では、初のオンライン開催ということでしたよね。
準備や当日もかなり状況が違ったのでは?

佐藤:発表が現実世界のプレゼンテーションではなくビデオ発表だったので、ビデオ作成の作業がありました。ただ準備する時間はむしろ短かったんじゃないかなと。現地での一発限りの発表に向けた練習や移動がないので。

鳴海:ビデオは字幕も付けられるし、今回は学会がチャットツールのディスコードを使って、質問を書き込めるようにしていたんです。話すより書く方が質問しやすいし、発表者も質問タイムの前に事前に回答を考えられる。そういう良さもありました。

急遽行った廊下からのデモ配信。
デモならではのリアルな側面も楽しんでもらう要因となった。

[デモに向けて準備をしているところ]

−デモの配信を廊下から行ったというエピソードについて教えていただけますか。

佐藤:整備している様子が面白かったので、鳴海くんが「このまま流せば良いんじゃない?」と言ったのが始まりで。実際に長い距離を走る乗り物の発表なので、その様子が見られるということがウケました。

−最初は乗るという予定ではなかったのですか?

佐藤:1日目は自分たちの後ろにpoimoがあって、粛々と説明するというのをやっていました。2日目に廊下で乗るデモに切り替えました。

鳴海:デモってある意味、論文より難しい側面もあって。お客さんが来たその瞬間に必ず成功させるということなので。poimoはまだ乗るのがある程度難しいので、リアルタイムでは危ないんじゃないかと思っていたんですけど。新山先生がデザインを何通りかやってくださったので、デモができたという感じはします。

−夜中に学校の廊下でバイクですもんね。笑
そのときに盛り上がっている感触はありましたか。

佐藤:お客が笑ってくれて、質問をいっぱいしてくれたので、興味は持ってもらえているのかなと。

鳴海:あとは、デモ審査員のAlexとGieradが非常に暖かい雰囲気だったので、こちらもとても楽しくデモすることができました。とてもありがたかったです。

新山:2日目が終わる15分ぐらい前、そろそろ撤収かなってときに「きたよー!」って感じで元気に審査員が来て。バイク乗って往復したら爆笑していましたね。それでこっちも楽しくなった。

鳴海:普通のバイクほどはうまく乗れていないんだな、結構タイヤのスキール音がうるさいんだな、といったデモならではのリアルな側面もむしろ楽しんでもらう要因でしたね。

[審査員の方々がデモを見に来られた時の様子]

子供から高齢者まで、インクルーシブな日本発の乗り物。
未来社会を目指してpoimoと共に走り続ける!

−山村さんは翌日に別の展示があったとのことでしたが、各メディアやイベントで注目が集まっていることをどう感じていますか?

山村:翌日は、ショッピングモールの一角で他社のモビリティと一緒に展示でした。意外と反応がよくて。朝は空気を入れるところから見せて。

UISTのニュースを見ていると「poimoの新バージョンがやって来たぞ!」ってtwitterに書いてくれていたり、知られているんだなって。子供も展示スペースで「ネットに載っていたの持ってきてないんですか。あれに乗りたかった。」と言ってくれたり。新しい乗り物は子供にも人気があるんだなと思いました。

−今後の目標、インクルーシブな社会を目指し次はこれいこう!ということがあれば教えてください。

佐藤:乗ってみたいという声はよく聞くので、早く乗ってもらえるように実用化したい。

鳴海:子供用とかソファ型とか種類を増やしてひとつひとつの乗り味を洗練していきたいですね。

山村:高齢者の方にも興味を持ってくださる方が多くて。足が上がりにくいので、ソファ型がとても良いみたいで。運転免許を返納すると乗るものがない、でも怖いのはいやだという話をされていたりします。

今回の論文のポイントとして、個々人に合わせてカスタマイズできるというのがあったので、やはり子供から高齢者の方までそれぞれに合わせたインクルーシブな乗り物を作りたいですね。

新山:あとはバイク型をもっとちゃんと乗れるように改良していきたいですね。poimoと共にみんな次に向かって走っていきます!

<関連記事>
2020.10.26 東京大学大学院工学系研究科 トピックス
poimo website
ERATO川原万有情報網プロジェクト
次世代パーソナルモビリティ「poimo」躍進中、、!
poimo、UIST 2020「BEST DEMO AWARD」受賞!


poimo、UIST 2020「Best Demo Award」受賞!

News 2020-10-29

 移動したいときに膨らませて乗る携帯可能な乗り物「poimo」が2020年10月23日、UIST 2020「Best Demo Award」を受賞いたしました。

 UISTはコンピュータ・サイエンスの中でもヒューマン・コンピュータ・インタラクション(HCI: human-computer interaction)の分野においてトップの国際会議です。今年度は、10月20日から23日にかけて完全オンラインでの開催となり、採択されていたpoimoに関する論文「poimo: Portable and Inflatable Mobility Devices Customizable for Personal Physical Characteristics」の発表・デモストレーションが行われました。

 Best Demo AwardはUISTの賞のひとつで、素晴らしいデモストレーションに対して授与されるものです。初のオンライン発表という状況の中、どうしたら伝わるのか、どのようにデモを行うのか、発表方法について議論を重ねました。工夫されたパフォーマンスを高く評価していただきました。今回の受賞をステップに今後も未来社会での活用を見据え、更なる躍進を目指し研究に取り組んでいきます。

<関連記事>
2020.10.26 東京大学大学院工学系研究科 トピックス
poimo website
ERATO川原万有情報網プロジェクト
次世代パーソナルモビリティ「poimo」躍進中、、!


価値交換工学 萌芽研究RA等の募集について

News 2020-10-14

応募は締め切りました

RIISEでは2020年1月より、メルカリの研究開発組織R4D(以下、「R4D」)とテクノロジーの急速な発展による新たな価値交換について、既存の学問の枠にとらわれることなく幅広く研究する「価値交換工学」を共同研究としてスタートさせました。この度、この価値交換工学のコンセプトに合致しつつもシーズ段階にある研究を見出し、今後の「価値交換工学」の主要研究として育むべく萌芽研究とそれに取り組んでいただくRA等を募集いたします。
希望者は、下記の応募要領をお読みいただき、10月30日(金)17時までにフォームを通じてご応募ください。

応募フォーム(要ECCSクラウドメール)
研究提案書 (左記の様式をダウンロードし、記入の上、PDFファイルで応募フォームへアップロードしてください。)

◆募集対象
RIISEの連携部局である工学系研究科、新領域創成科学研究科、情報理工学系研究科、学際情報学府、生産技術研究所、先端科学技術研究センターに所属の大学院生。

◆募集事項
価値交換工学のコンセプトに合致する萌芽研究とそれに取り組んでただくRA等を募集いたします。
研究は、論文、学会発表の他、自ら生み出したい価値交換工学としてのアウトプット(アプリなどのプロダクト実装など)への取り組みも対象です。

◆本プログラムの特長
採択された研究テーマは、価値交換工学の共同研究の一部として取り扱います。希望者はR4Dメンバーとも対話しながら、研究を進めることが可能です。また、分野横断的に構成されたRIISE参画教員からアドバイスをうけることができます。(月1回程度の進捗報告)
一定の進捗が得られたものについては、メルカリ社の研究者や役員等(※1)とのディスカッション機会を得られる予定です。
※1 メルカリの研究開発アドバイザリーボードのメンバー(現在)
山田進太郎(メルカリ 代表取締役 CEO 社長)、濱田優貴(同 上級執行役員 CINO)、村井純名誉教授(慶應義塾大学)、川原圭博教授(東京大学)、尹祐根氏(産業技術総合研究所)、森正弥氏(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員パートナー、東北大学 特任教授)


応募要領​

◆研究期間
原則として採択から2021年度末までです。(※2)
その後に採択者が希望する場合は、加速フェーズと呼ばれる追加支援を1年間受けられる可能性があります。加速フェーズは、研究を引き続き支援することでより一層大きな成果になることが期待される研究テーマを選定するものです。採択者は、研究開始1年後を目処に実施する進捗評価までにこの加速フェーズを希望するかを判断して申請します。加速フェーズは、研究終了日翌日より最長1年となります。
なお、応募テーマは、指導教員の合意の上、修士論文、博士論文のテーマとして取り組んでいただいても結構です。
(※2)実際の研究期間は、提出いただく、研究計画の精査・承認により決定します。

◆研究費
1課題あたりの予算規模は、原則として2百万円 (直接経費)程度とします。予算の詳細は、提出いただく、研究計画の精査・承認により決定します。
採択された研究費は、RIISEとR4Dとの価値交換工学における共同研究費用の一部として取り扱います。使用には東京大学における財務会計ルールに基づく手続きが必要であることをご留意ください。

研究費(直接経費)とは、研究の実施に直接的に必要な経費であり、以下の使途に支出することができます。
 a. 物品費:新たに設備・備品・消耗品等を購入するための経費
 b. 旅 費:研究担当者および研究計画書記載のその他の研究参加者等の旅費
 c. その他:研究成果発表費用(論文投稿料等)、機器リース費用、運搬費等

研究計画には直接経費を記載ください。RAもしくは卓越RAについては、制度および待遇を「研究参加者の人件費待遇について」の項目でご覧いただき、ご希望を応募フォームへ記載ください。

◆採択予定課題数
最大5件。採択件数は、予算等の諸事情により変動する場合があります。

◆応募方法・スケジュール・選考
○応募の流れ
 オンライン説明会へ参加(任意)
 応募フォームへ必要事項を記入して応募。
 応募フォームに、所属、氏名、メールアドレス、研究タイトル、研究概要を記載ください。応募には、所属研究室の合意が必要です。
 応募する研究について、研究提案書を作成し、応募フォームへPDFでアップロードしてください。
 アドバイスを希望する場合は、RIISE参画教員、R4Dの担当者またはメルカリ社の部門を記入ください。(任意)

○オンライン説明会(参加は任意です)
 時間: 2020年10月13日 19:00~20:00(こちらよりzoom開催)
録画動画(要ECCSクラウドメール)
説明会資料(要ECCSクラウドメール)
○応募締め切り:10月30日(金)17時まで
○選考
 応募いただいた研究テーマについて書類選考を行なった後、通過者に対し11月9,10日(月・火)に面談(オンライン)を行い、採択します。
○採択基準・審査方法
 応募条件を満たした上で、オンライン説明会(任意)やその他の情報を通じて価値交換工学について理解をしてもらい、その目的にあっているか、また、成果の実現性や期待値をRIISE参画教員により審査します。

◆応募に際しての注意事項
応募要件に関して、以下のことを予めご承知おきください。
・採択までに応募要件(募集対象等)を満たさないことが判明した場合、原則として、研究提案書の不受理、ないし不採択とします。
・応募要件は、当該研究課題の全研究期間中、維持される必要があります。研究期間の途上で要件が満たされなくなった場合、原則として当該研究テーマの全体ないし一部を中止(早期終了)します。
・採択された研究テーマは、RIISEとR4Dとの価値交換工学における共同研究の一部として取り扱います。そのため、採択者は、東京大学民間等共同研究取扱規則をはじめとする東京大学 産学協創推進部本部に掲載の関係規則等およびガイドラインを遵守することが求められます。
東京大学 産学協創推進部本部

◆参考:研究参加者の人件費待遇について
※待遇については、所属や学年、他の助成、雇用の有無、審査結果によって変わるため、不確定要素があります。ご了承ください。
○ RA(リサーチアシスタント)
 対象:RIISE連携部局の大学院生
 待遇:修士課程15万円/月(標準)、博士課程20万円/月(標準)
 日本学術振興会特別研究員DC等との重複制限があります。重複に関する受給ルールは各自所属研究科でご確認ください。

○ 部局卓越RA 1名まで
 対象:工学系研究科修士・博士課程学生で部局卓越RAの採用基準を満たす者
 待遇:修士課程20万円/月(標準)、博士課程28万円/月(標準)
 日本学術振興会特別研究員DC等との重複制限があります。重複に関する受給ルールは各自所属研究科でご確認ください。


Call for Sprouting Research RA’s in Value Exchange Engineering

News 2020-10-14

Application is closed.

In January 2020, RIISE and R4D, the research and development organization of Mercari Inc., launched a joint research project “Value Exchange Engineering” to conduct extensive research on novel value exchange through rapid technological development.
At this time, we are looking to recruit research assistants (RA) to work on themes that are consistent with the concept of value exchange engineering but are still at seedling stages, and to foster these themes to main research of value exchange engineering in the future.
If you are interested in applying, please read the application guidelines below and submit your application by October 30 (Friday), 17:00 (JST).

Application form (ECCS Cloud Email required)
Research Proposal form

◆Eligibility

Graduate students in the Graduate School of Engineering, Graduate School of Frontier Sciences, Graduate School of Information Science and Technology, GSII, Institute of Industrial Science, and Research Center for Advanced Science and Technology at the University of Tokyo.

◆What you are applying for

We are looking for RAs to work on sprouting research themes consistent with the concept of value exchange engineering.
In addition to research publications and conference presentations, the research also covers efforts towards practical outputs in value exchange engineering, such as applications and other product implementations.

◆Features of the Program

Accepted research proposals will be treated as part of the value exchange engineering research collaboration. Those who wish to do so may conduct their research while interacting with R4D members. You will also receive advice from the multidisciplinary faculty members involved in the RIISE project. (Monthly progress report)
Those in advanced stages in their research will be given the opportunity to discuss with researchers and board members of Mercari (*1).
*1 Mercari R4D’s advisory board
https://r4d.mercari.com/en/news/r4d-advisory-board


Application instructions

◆Research period

In principle, the period from adoption to the end of fiscal year 2021. (*2)
At the end of the research period, if the grantee wishes, additional support called the Acceleration Phase may be available for up to one year. Research topics that are expected to become even more significant with continued research support can be selected for the Acceleration Phase. Grantees must decide whether they wish to participate in the Acceleration Phase before the progress evaluation scheduled one year after the start of the initial research period. The maximum duration of the Acceleration Phase is one year from the day after the initial research period is completed.
The research theme of your application may be the theme of your master’s or doctoral thesis pending an agreement with your academic advisor.
(*2) The actual research period will be determined by careful review and approval of the submitted research plan.

◆Total budget

In principle, the budget for each research project is approximately 2 million yen (direct costs). The details of the budget are subject to review and approval of the research plan to be submitted.
The adopted research funds will be used as part of the joint research funds for value exchange engineering between RIISE and R4D. Please note that the use of the funds is subject to the financial accounting rules of the University of Tokyo.

Research expenses (direct costs) are expenses that are directly necessary for conducting research and can be used for the following purposes

a. Supplies: expenses for the purchase of new equipment, fixtures, supplies, etc.
b. Travel expenses: travel expenses for research staff and other research participants listed in the research protocol
c. Others: research results presentation costs (e.g., article submission fees), equipment leasing costs, transportation costs, etc.

The research plan should state the direct costs.
For your RA or Excellent RA preference, please review the RA treatment in the reference section and select your preference on the application form.

◆Number of research themes to be adopted

A maximum of five (5) applications. The number of accepted applications is subject to change depending on budget and other circumstances.

◆How to apply, schedule and selection

Application process
– Participate in an online briefing session (optional)
– Apply by filling out the application form.
Please include your affiliation, name, email address, research title and research summary in the application form. You must obtain consent from your affiliated laboratory before applying.
Please prepare a research proposal for your research theme and upload it as a PDF file in the application form.
Please indicate if you wish to receive advice from RIISE participating faculty members, persons in charge at R4D, or a department of Mercari. (Optional)

Online Briefing Session (Participation is optional)
– Recorded video (ECCS cloud mail required)
– Presentation materials (ECCS cloud mail required)

Application deadline: 17:00, Friday, October 30

Selection
After reviewing the applications, the successful applicants will be selected through online interviews on November 9th and 10th (Monday and Tuesday).

Selection criteria and method
After fulfilling the application requirements, online briefing sessions (optional) and other information will be delivered to help the students understand value exchange engineering and its objectives. The feasibility and expectations on the research results will be reviewed by the RIISE participating faculty members.

◆ Notes

Please be aware of the following requirements for application.
– If it is determined that a research proposal does not meet the requirements for application (e.g., the subject of the application) by the time it is adopted, the proposal will be rejected or not accepted, as a rule.
– If you are unable to meet the application requirements before your proposal is approved, your proposal will be rejected or not accepted, in principle. If the requirements are not met during the research period, the research theme will be terminated in whole or in part (early termination), as a rule.
– The adopted research theme will be treated as a part of the collaboration between RIISE and R4D. Therefore, the grantee is required to comply with the rules and guidelines of the University of Tokyo’s Office of Cooperative Research and Development.

Division of University Corporate Relations, The University of Tokyo,
https://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/en/

◆Reference: Labor cost treatment of RAs

There is a limit to the number of overlaps with JSPS Fellowship DCs and other fellowships. Please check with your graduate school for the overlap rules.

RA (Research Assistant) 
– Eligibility: Graduate students from RIISE affiliated departments
– Compensation: Master’s program: 150,000 yen/month (standard), Doctoral program: 200,000 yen/month (standard)
There is a limit to the number of overlaps with JSPS Fellowship DCs and other fellowships. Please check with your graduate school for the overlap rules.

Excellent RA – 1 person
– Eligibility: Master’s and doctoral students in the Graduate School of Engineering who meet the criteria for departmental excellent RA
– Compensation: 200,000 yen per month for master’s course (standard), 280,000 yen per month for doctoral course (standard)
There is a limit to the number of overlaps with JSPS Fellowship DCs and other fellowships. Please check your graduate school’s rules regarding overlap with other fellowships.