ファッション価値予測や人間行動理解まで広がる可能性。人物の画像分析がもたらす未来社会。【Zheng Wang先生インタビュー】

News 2021-07-26

マルチメディアの分野で人物の画像を検索、分析、比較する技術「人物再認識」について研究されている王先生(価値交換工学社会連携研究部門 特任助教)。さらにその技術をファッション価値や人間行動の分析へ活用することにも取り組まれています。「人物再認識」によって可能になる未来、興味を持ったきっかけについてお伺いしました。

Dr. Wang is a specially appointed assistant professor in RIISE, where his research focuses on “person re-identification” – a technology for searching, analyzing, and comparing images of people. He is also working on applying this technology to fashion value analysis and understanding human behavior. We asked him about the future made possible by “Person re-identification” technology, and how he got interested in it.

-What is your research field?

Wang: My research field is multimedia content analysis and retrieval.

-Could you explain a little bit about your research theme, “person re-identification”?

Wang: Person re-identification is a technique for retrieving, analyzing and comparing person images across cameras, which can effectively help investigators discover and track targets in a large amount of video. It is one of the most challenging key problems in the field of multimedia content retrieval and social security at present, and a supporting technology for the discipline of big data behavioural analysis, which is very important for improving the efficiency of video search, the detection rate of criminal cases, and tracking virus carriers.

Figure 1: The example of person re-identification, which is a technique for retrieving, analyzing and comparing person images across cameras. 

-You are also conducting research on fashion value analysis and understanding human behavior as an application of person re-identification. How did you become interested in this topic?

Wang:  My research interests include multimedia content analysis and retrieval. I focused on person re-identification when I was a PhD student, since person re-identification is a valuable and hot topic in China. When I moved to Japan as a postdoc, I had some fundings from JSPS and Microsoft. Both fundings are related to person re-identification. That is why most of my publications are in this field.  I started to investigate the topics of human behavior and fashion value, when I joined RIISE institute, The University of Tokyo. Because I do want to have some change to myself, and I am still trying to find the topics fitting Value Exchange Engineering’s requirements.

-What is fashion value analysis?

Wang: Each day, we collectively upload to social media platforms billions of photographs that capture a wide range of human life and activities around the world. At the same time, computer vision technologies, such as semantic segmentation and visual search, are seeing rapid advances and are being deployed at scale. With large-scale recognition available as our fundamental tools, it is now possible to ask questions about how people dress, buy and sell clothes across the world and over time. In particular, I ask: can we detect and predict the fashion value of one focused cloth socially and individually? The purpose of the topic fashion value analysis is to assign a new value to a focused cloth/shoes/bag. In my opinion, the value of a product consists of three parts: 1) Basic Value, which is decided by the product’s content, quality, materials, brand, and local price level. 2) Social Fashion Value, which can be influenced by the social environment. For example, when a super idol wears a pair of shoes with a special pattern, the pattern might be popular and the shoes would have more value. Here is another example, when a lot of office ladies in Roppongi take a new style of “Samantha Thavasa” bag, this bag might be fashionable and arouse more interest. 3)  Individual Fashion Value, which depends on the requirements of each person. If a person already has a pair of blue trousers, according to a suitable collocation of clothes, one pair of brown board shoes would have more value for him. To this end, a product will be re-valued by additional fashion value. This will benefit commerce and balance the requirements between the clients and merchants.

-Your sub-topics are Fashion Retrieval and Cloth Retrieval, Could you expand on these topics a little bit?

Wang: Fashion retrieval is a challenging task, which requires searching for exact items accurately from massive collections of fashion products based on a query image. It still has limitations for application to real-world visual searches. The main reason for this is the common nature of fashion images captured under uncontrolled circumstances (e.g. varying viewpoints and lighting conditions). In particular, fashion images are vulnerable to shape deformations and suffer from inconsistency between the user’s query images and refined product images [1]. Considering the similar challenges, researchers start to use person re-identification models to conduct fashion retrieval [2]. 

I also had some preliminary experiments. On the DeepFashion2 [3] dataset, I got 73% accuracy at Top@10 with the method [4] and 75% accuracy at Top@10 with the FasetReID method [5]. It is far away from the SOTA methods. 

Figure 2: The example of fashion retrieval [1]. 
[1] Sanghyuk Park, et al., Study on Fashion Image Retrieval Methods for Efficient Fashion Visual Search, CVPR Workshop, 2019
[2] https://synerise.com/papers/fashion-retrieval-with-person-re-identification-models
[3] DeepFashion: http://mmlab.ie.cuhk.edu.hk/projects/DeepFashion.html
[4] Part-Aligned Bilinear Representations for Person Re-identification, ECCV, 2018
[5] FastReID: A Pytorch Toolbox for Real-world Person Re-identification. 

-How do these studies relate to understanding human behavior?

Wang: Human behavior is driven, in part, by thoughts and feelings, which provide insight into the individual psyche, revealing such things as attitudes and values. Human behavior is shaped by psychological traits, as personality types vary from person to person, producing different actions and behavior. Extraverted people, for instance, are more likely than introverted people to participate in social activities like parties. Human behavior understanding is a very huge topic. We start to research human behavior from the perspective of important person localization [pub1] and human location prediction [pub2].

[pub1]  Very Important Person Localization in Unconstrained Conditions: A New Benchmark, AAAI, 2021
[pub2] Location Predicts You: Location Prediction via Bi-direction Speculation and Dual-level Association, IJCAI, 2021

Do you consider fashion retrieval and human behavior understanding two separate topics? 

Wang: Although they are separated topics, both of them are considered as the basis of the research of fashion value. Figure 3 shows the framework of my fashion value system. It includes four levels from bottom to top: 1) The first level is my research background. Related technologies can be taken as a support for fashion information extraction. 2) The second level is low-level value analysis, consisting of cloth parsing, attribute learning, photo based retrieval, sketch based retrieval and text based retrieval. In this level, the system will extract useful fashion information from personal photos that are captured in the street, recorded in social media websites such as Facebook, Flickr, and Instagram, and searched log in e-commercial shops. 3) The third level is high-level value analysis, where we exploit big data analysis methods on the platforms of social media, GIS media and our life log, and obtain social and personal fashion value of all related products, in terms of space, time, crowd, neighborhood, and individual.  4) The fourth level is value generation, based on the low- and high-level fashion value analysis. 

My research topic “person re-identification” is the key technology for fashion and cloth retrieval. Hence, the topic “Fashion Retrieval” is in the second level of the framework, i.e., low-level value analysis. On the other hand, the topic “Human behavior understanding” is in the third level of the framework, i.e., high-level value analysis.

Figure 3: The framework of my fashion value system. 

-Did you get the idea for your research from looking at the Mercari service?

Wang: I discussed with Professor Yamasaki., who had previously done research on fashion retrieval.Fashion retrieval is a task highly related to person re-identification. We predicted  Mercari may have some needs on cloth retrieval. So I made the fashion value idea.

-How is the progress of your current research?

Wang: Currently, I had some preliminary results on fashion retrieval based on my previous research background. I also had two papers accepted in top conferences that are related to human behavior understanding. 


Zheng Wang特任助教ら、ICME 2021 BEST PAPER FINALIST選出!

News 2021-07-19

マルチメディア分野の国際学会ICME2021でZheng Wang先生(価値交換工学社会連携研究部門 特任助教)らの論文がBEST PAPER FINALISTに選出されました。
2021年7月5〜9日に開催された本大会で、複数のカメラで撮影された映像から対象となる人物を検索、分析、比較する技術「人物再認識」についての論文「Unsupervised Video Person Re-identification via Noise and Hard frame Aware Clustering」の発表を行い評価をいただきました。
今後も更なる技術の進化・社会での応用に向けて研究に取り組んでいきます。


未来のライフスタイルをより豊かにする「料理×デジタルファブリケーション」。作り手にも食べ手にも感動を与える食の進化を。【宮武茉子さんインタビュー】

News 2021-07-12

2021年5月に開催された国際会議CHI’21(※)で「 CHI’21 People’s Choice Best Demo Honorable Mention Award」を受賞された宮武茉子さん。(工学系研究科電気系工学専攻 関谷勇司 研究室所属)

受賞された「Flower Jelly Printer for Parametrically Designed Flower jelly」の研究のきっかけやFlower Jellyを作り続けた日々、また、現在は自身の可能性を探究するため調理師学校への入学、SNSでの発信やフードトラックでの物販等、活躍のフィールドを広げ続けている宮武さんへ現在の心境をお聞きしました。

※The 2021 ACM CHI Virtual Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI’21)  ヒューマン・コンピュータ・インタラクション(Human Computer Interaction)分野の最も重要な国際会議の1つ。CHI(カイ)と呼ばれ2021年は5月8日〜13日までオンライン開催されました。

-まず、研究されている内容について教えてください。

料理×デジタルファブリケーション技術について研究をしています。3Dプリンタやロボットを組み合わせて新しい料理を作るという試みです。「今回は、フラワーゼリーというスイーツを、3Dプリンターを使って造形する研究を発表しましたが、これまでも学部4年生の時はホイップクリームをロボットで3Dプリントし、デコレーションする研究をやりました。ハードウェアとソフトウェアどちらも好きなので、両方の要素があって楽しいです。

-ロボットサークルに所属していたと伺ったのですが、昔からロボットに興味があったのでしょうか?このテーマを研究しはじめた経緯は何だったのでしょう?

もともとDIYや料理などのものを作る工程が好きでした。大学へ入学して新たに学べるものをと思ってロボコンのサークルへ所属しました。ロボットは機械と回路と制御の3つで構成されるのですが、機械の班に入って設計、3Dプリンタやレーザーカッターなど工作機械の使い方を習いました。1年生の時にここでモノづくりの基礎を学ことができたことが今に繋がっています。

それからしばらくしてロボットで何がしたいかと考えた時にだした答えが「料理」でした。最初は企業インターンにいった会社で朝食ロボットを作る機会をいただいて、それがTodai To Texas(東京大学発のチームを、米国テキサス州で開催される「サウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)」へ派遣し、グローバルに挑戦することを支援するプロジェクトhttps://todaitotexas.com/)に通ってSXSWで展示した後、ホテルの朝食ブッフェで実証実験までやらせていただきました。

プロジェクトが進むと同時にロボットメインじゃなくて料理側からも考えたいという思いが出てきて。料理をより効率的に提供するためにロボットを作るのではなくて、ロボットを使うことで実現できる新しい料理が出来るのではと考えるようになりました。

-今回、CHI’21 People’s Choice Best Demo Honorable Mention Award受賞のテーマは「Flower Jelly Printer for Parametrically Designed Flower Jelly」でした。フラワーゼリーを3Dプリンタでデザインしようという発想はどこから来たのでしょうか?

食にまつわる研究をしているメンバーが雑談し、アイデアをキャッチできるようにslack(チャットツール)を立ち上げて情報交換を行うようにしていました。その中で川原先生がフラワーゼリーを紹介して下さったことがきっかけです。それが昨年の5月頃、新型コロナの影響で帰省した際に3Dプリンタを購入して、改造に目覚めていた時期でした。これで出来るかもしれないと、研究の発想が生まれた時でした。論文を国際会議に通すことも目指し、全力でやってみようと始めました。

-研究を進める上での壁となったことを教えてください。周りの方の反応や技術的に難しかったこと、またそれをどのように乗り越えたか等お伺いできますでしょうか。

朝食ロボット等の経験があったので、1ヶ月ぐらいで初期のプロトタイプはできて、このまま進めてもちゃんとしたモノができるとわかってきました。しかし、最初は料理×3Dプリンタという取り組みに自信がなく、これが研究と認められるのかなと。川原先生にアドバイスいただいたり、slackに進捗や気付いたことを投稿して、フィードバックをもらいながら進めました。以前、本郷テックガレージ(東京大学の学生が技術的プロジェクトを行うことができる施設https://www.hongotechgarage.com/)に参加した際に顧客インタビューやSNSで自分のプロダクトに関心がありそうな方とコンタクトを取った経験があったことはとても活かされたと思います。

論文にするにあたり写真等の見せ方は普段から気をつけて撮るようにしていました。光が綺麗にあたる角度とか、ガラスに乗せたら透明感がよく伝わるな、といったことが段々わかってきて記録とフィードバックのためにslackにも写真を投稿していました。レシピも見た目の白さが気になって砂糖入れたら透明になったとか、粘度が高い方が上手く出来るなと気付いて改良していきました。日々の積み重ねで完成度が上がったと思います。母がお花の教室に通っていて花びらの構造や色に詳しかったので家族からの意見をもらったりもしました。

フード3Dプリンタ自体は手を伸ばせば届くぐらいの値段で市販されています。でも、これを使ったインパクトのある美味しい料理は、まだ出てきていないと感じていて。3Dプリントをすると良いことは何かか、見た目はもちろん美味しさの部分もきちんと伝えられるよう意識して進めました。

-材料やレシピ、見せ方の工夫といった工学側ではない努力が日々あるのですね。文献としては食べ物のものを読むことが多いですか?

そうですね、研究だけじゃなくて料理レシピ本にもアイデアをもらいましたね。例えば、透明な料理のレシピを載せている方の本があって、アガーを使ったゼリーは砂糖を入れるとより透明になるといった配合を学んだり、掲載されている写真も参考になりました。

技術だけではなく美味しいことも伝える、五感に訴えるデモ。
食の世界で実際に役立つ提案を。

-CHI’21のデモ発表の様子や、その時の手応えを教えてください。オンライン上で美味しそうとか口に入る感覚を伝えるのってすごいですよね。

実は論文発表の方が緊張していて、デモ発表の場で実演した方がより伝わるのではというアイデアは前日に思いつきました。デモの流れや効果的な繋ぎ方は鳴海先生にフォローいただき無事行うことができました。

技術だけではなくきちんと美味しいということを伝えるために、その場で作ることでライブ感を見せて、最後に自分が食べるということをしました。論文の写真だけでは美味しそうに見えても実際にはどうなのかわからないですよね。そうではなくて食べても美味しいというのを証明したくて。

論文や技術が優れていれば研究界隈では認められるけど、料理界隈で認められないと世の中には出ていかない。それは残念だと思っていて、パティシエの方もこれを使いたいと感じてくれるようにしたいです。今はなかなか難しいですが、今後はイベントで実際に食べてもらえる機会が作れたらいいなと思ってます。今回の受賞は、論文を書く段階から先輩方にご指導いただき、周りの方のサポートがあっていただけた賞です。論文を通すことがゴールではなくて今後未来をどう変えることができるのか、意義は何なのか、他の研究者にとってどう使えるのか、考える良い機会になりました。

-研究と料理界隈のお話が出ましたが、研究として成り立たせることと社会で実際に使われることの違いや難しさは感じていますか?

根本のテーマは一緒ですが、どこに意識を向けるかは違いがあると思います。パティシエの方と話してて面白いなと思ったのは、フラワーゼリーを商品として出すには3パターンぐらいの花びらを確実に作れるもの、作業や衛生面の関係で1回に30分ぐらい稼働して数個作れるものという要望でした。論文だと精密な花びらが何種類もできた方が良いし、大きいゼリーに大きい花があると見栄えがいいのですが、実際にスイーツとして食べるには大きすぎると教わりました。

食をテーマに研究をされている方は多くいますが、農学分野と比べると料理自体をテーマにしている研究は少ないかもしれません。今回は見た目がメインでしたが、研究と社会実装の掛橋となることも考慮し、味や食感もデジタルにデザインできたら面白いなと思っています。

-4月からは調理師学校に行かれているとのことですが、研究を実際に社会の役に立つものにしたいという思いからでしょうか?通学してみて刺激を受けたことはありますか?

プロジェクトに取り組んでいて、料理側からも考えていきたいというのはあります。今は工学系の分野にいるので、どうしても料理業界から見れば異分野ですが、自分から飛び込めばそこに壁を作らずにいけるかなと。今後、博士課程に進んでアイデアに詰まった時に「あの時調理師学校に行っておけば」と言い訳になるのも良くないという気持ちもありました。ほんとうに研究が嫌になったら淡路島でカフェアンドレストランをやってるかもです。笑

最近受けた授業では、食の世界でのSDGsの取り組みや商習慣を聞きました。今はこれが旬なんだ、じゃあこういうことが求められているのかな、とそこからアイデアが出てきます。様々な側面から見ることができるようになって、自分のやりたいことと社会的に重要なことがピタッとハマったら有意義だし、最高ですね。

-今後フラワーゼリーの応用としてどんなことを考えていますか。

介護食や病人食への応用を視野に入れています。例えば、食事が上手く飲み込めない嚥下障害のための誤嚥調整食は飲み込み易いペーストやゼリー状なので見た目を美しくすることが難しい。ムース食も食感が単調でデザインの自由度も低いのが現状です。しかし、食事を見た時に美味しさを感じられないと唾液が十分にでず、更に症状を引き起こしてしまうこともあるそうです。パッと見て美味しそうと思ってもらうことは重要だと感じています。ゼリーはゲルを使っていてムースと似ているので、この技術を活かして今まで美味しく食事をすることが難しかった方たちが食の時間を楽しめるような見た目も味も美味しい料理ができるのではと考えています。誰もが食を楽しめるインクルーシブ社会に貢献していきたいです。

-研究を通して、今後やって行きたいことを教えてください。

料理×テクノロジーの融合は従来の食の在り方を越え、未来の食事をより豊かにする可能性を秘めていると思います。双方の分野を理解することで社会へ還元できる価値がまだまだあると感じています。食は私たちの生活と密接に繋がっているので、作り手にも食べ手にも感動を与えるような未来の食のライフスタイル実現に向けて貢献したいです。社会に役に立つイノベーションを起こすために様々なことに飛び込んで新しいアイデアや挑戦を続けていきたいですね。

(関連サイト・SNS)
CHI’21 award page

Official site:https://www.makomiyatake.com/

Twitter:https://twitter.com/kema1015

Instagram:https://www.instagram.com/makomiyatake/


身近なツールで心に自信を。バーチャルメイクがもたらす自分らしい姿。【Toby Chongさんインタビュー】

News 2021-06-09

価値交換工学RAであるToby Chongさん(情報理工学系研究科創造情報学専攻 五十嵐研究室)。
ご自身の専門分野や価値交換工学での萌芽研究のテーマについて、お話を伺いました。

-ご自身の専門分野について教えてください。

HCI(Human Computer Interaction)が専門分野です。HCIは、人と機械の関わりを考える研究のひとつです。その中でもAR(拡張現実)等を利用して特別な専門知識や技術がなくても誰でも利用できるアプリケーションの開発に携わっています。

-HCIに興味を持たれたきっかけは何だったのでしょう?

学部1年生の時に五十嵐先生(博士と修士の指導教授)のもとでアルバイトを始めたのがきっかけです。続けるうちにどんどん面白くなっていき、自身の研究につながりました。内容は様々でしたが、一例としては、レストランの効率的なレイアウトを実証をしました。これは、大きな飲食店の時間帯で変化する客層を考慮して、店内のレイアウトを検討するというものです。テーブルとテーブルの間をワゴンで通れるようにしたいというオペレーションや、お客様をより多く収容するにはどうするかという課題に対応できる最適なレイアウトを探すため、バーチャルに店内を再現して、VRゴーグルでデザイナーとレイアウトを動かしたりする作業をしました。

-学部1年生の時に日本に留学に来られたとのことですが、初めはHCI分野を学ぶ予定ではなかったということですか?

そうですね、日本へ来る前は水中で動くロボットを研究したりしていました。来日した当初はロボコンに参加したり、ロボティクス分野の研究に取り組む予定でしたが、五十嵐研での研究活動が深まっていくうちに、HCIが自分の研究テーマになっていました。今のようにHCIを専門にするとは想像していませんでしたので、五十嵐先生との出会いは貴重だったと思います。

-価値交換工学での萌芽研究の研究テーマが「High Fidelity Makeup Customization and Simulation for Makeup Virtual Try on」とのことですが、具体的な内容を教えてください。

自宅で気軽にメイク用品や自分に似合うメイク方法のシュミレーションができるシステムです。コスメカウンターへ直接行くのが難しい、また、現在の情勢ではカウンター自体を閉めざるを得ないこともあります。そんな時に役に立つシステムです。

-メイク用品の色などを試すメイクアップシミュレーションはブランドサイトなどでよく見かけますよね。既存のものとの違いは何でしょうか?

メイクアップシミュレーションは、既に世の中にあるシステムではありますが、私の研究の1番大きなポイントは、十分なリアルさがあるかという点です。既存のシステムでは本来の発色や質感というのが、どう再現されるのかまでは正確にわかりません。好みや似合う色を見つけて購入するのには役立つかもしれませんが、実際に購入し日常の中で使ってみると印象が違ったということもよくあると思います。

-既存のメイクアップシミュレーションを改良する訳ではなくで、新しく開発するというイメージですか。

はい。既存のものは、アーティストの方に調整してもらい、リップならば唇の上に最も奇麗に再現される形で色が載るようにしています。しかし、同じリップでも人によって描き方が違いますし、膨らんでいる唇に見せたい時、大きめに描く方もいます。また、一口にメイクと言ってもベースやパウダーといった過程があり、違うブランドのものを使用していることも多いですよね。実際に暮らしの中でどう見えるかを再現するには、こうした個人差や使用方法、組み合わせといった点を考慮した十分なリアルさを追求することが必要です。

私の研究では、実際の商品をモデルの方につけてもらい複数のカメラで撮影します。それを様々な角度でデータ化します。人の顔は平面ではないので、3Dモデルにするとリアルさが増すんです。実際メイクをする時に沿った手順で重ね方などの細かいやり方も指定できたり、異なったブランドの商品を使用することも可能です。また、海に行った時と室内で過ごす時は見え方も違うので、それをコンピューター上で、状況に合わせて変化することもできます。太陽光の下でどう写るか、艶やグリッターの表現等もできるといいなと思います。

よりリアルな仕上がりを求めること。それがユーザーにとっての価値となる大事な部分。

-このテーマに興味を持ったきっかけはなんですか?

元々はトランスジェンダーの友人がいて、その社会課題に興味をもち、自分の技術で出来ることはないかと思ったことがきっかけです。トランスジェンダーの人たちの中には自分の外見と心が一致しないこと自体に苦痛を感じる人がたくさんいます。また、本来の性別と見た目が違うということで、公共のトイレなどが利用しにくかったりします。外見と性別を近づけることが出来れば、差別的な言動を受ける可能性も少なくなります。もちろん差別をなくすことが理想的ではありますが、社会の認識を変化させるには時間をかけなければなりません。メイクを通じて生活をしやすくする技術によって、より早くその一部を解決できる可能性があると思っています。

トランスジェンダー向けのメイクについては、修士論文の時から取り組んできたのですが、トランスジェンダーの人にとってメイクをより上手にできるようになるということは環境面でハードルがとても高いのです。男性の骨格を持っている人が女性として見られるためにどうすれば良いのか考えたとき、女性の骨格の人と同じメイクをしてしまうとより男性的に見えてしまうことがあります。そのためメイクを工夫しなければなりません。しかし、家族の理解がない人の場合には家で練習することが難しかったり、女性誌を買っても載っているのは女性の骨格のためのメイク法なので参考にならないなど、環境や情報に制限があります。

このような課題解決のためには、既存のシステムによる本人の好みや似合うかどうかの選択に足りる情報を与えられるだけでは不十分で、他の人が見ても女性と見えるところまでクオリティを上げないとトランスジェンダーの人たちも含めたメイクを必要としているユーザーは納得しないし、そこが大事な部分だと考えています。

-研究テーマで考えた、価値交換について教えてください。

バーチャルメイクで現実により近い状態を再現して、なりたい顔になるためにはどうすればいいかを提案していければ、それは価値にもなるし、購買行動にも繋がると思っています。自分の気になる部分をカバーしなりたい姿に近づくことは、心地よく毎日を過ごすために大切な要素だと思います。また、環境問題の側面からもイメージと合わない化粧品を購入し無駄になることの予防にもなります。

難しい問題を解決するには、社会を変える必要があります。将来的には変わるという希望は持っているが、今の人はどうするという課題がある。その課題を可能な限り僕たちの技術で改善できるといいなと思っています。

-ご自身が最近注目されているトレンドはありますか?

メンタルヘルスケア に興味を持っています。日本では、カウンセリングの料金が国民健康保険でカバーできないことなどの問題が気になっていました。最近では、機械学習やAIサービスを用いた簡単にアクセスできるメンタルヘルスケアサービスが増えてきているので興味を持っています。アメリカやイギリスでも普及してきていますが、悩みの解決にチャットボットを使用するのには、実際の人に話さなくて良く機密性が保たれる、恥ずかしくないなどのメリットがありますよね。24時間チャットボットと話ができれば心が楽になる方もいると思います。このようなヘルスケア全般に関わることについても自分の技術を最大限活用していきたいと考えています。

バーチャルメイク紹介動画

<関連リンク>
https://www.tobyc.graphics/
https://sites.google.com/view/flyingcolor


mercari R4D×RIISE 「価値交換工学シンポジウム2021」開催のお知らせ

Events 2021-05-13

本シンポジウムは終了しました。ご参加ありがとうございました。

2021年5月〜6月、mercari R4Dとインクルーシブ工学連携研究機構(RIISE)が共同研究を行う「価値交換工学」のシンポジウムを開催いたします。
mercari R4DとRIISEは誰もがフェアで安全な価値交換を行うことが可能な未来を目指し、日々研究に取り組んでいます。今回のシンポジウムでは、新しい研究分野である「価値交換工学」についてどんな研究が行われているのか、今後の展望を含め構成教員の対談や、RAの研究内容等を通し広く発信いたします。
オンラインで行われる本シンポジウムは、YouTubeでの動画公開とチャットツールSlackでのオンラインコミュニティにより実施されます。ご都合の良い時にご視聴可能となります。皆様のご参加をお待ちしています!

<価値交換工学シンポジウム2021開催プレスリリース>
https://about.mercari.com/press/news/articles/20210513_symposium/
<イベント登録/価値交換工学シンポジウム2021Webページ>
https://r4d.mercari.com/vxe-event2021

【価値交換工学シンポジウム2021開催概要】
<期間>
■R4D Youtubeでの関連動画の公開
・先行公開:2021年5月13日(木)〜6月6日(日)
・ディスカッション動画公開:2021年6月7日(月)〜6月25日(金)
■Slackを活用したオンラインコミュニティの実施
・事前登録期間:2021年5月13日(木)〜6月6日(日)
・コミュニティ:2021年6月7日(月)〜6月28日(月) 7月26日(月)

<内容>(一部抜粋)
■「経済学とコンピュータ・サイエンスから見る価値交換(仮)」
東京大学 小島武仁 経済学研究科教授(マーケットデザインセンター長・価値交換工学特任教授)/ 河瀬康志 情報理工学系研究科・価値交換工学特任准教授 対談
モデレーター:株式会社メルカリ R4Dリサーチャー 山村亮介
■ 「コミュニケーション研究(仮)」
東京大学 Ari Hautasaari 情報学環・価値交換工学特任講師 / R4D 藤原美雪(客員研究員) 対談
モデレーター:株式会社メルカリ R4Dリサーチ・アドミニストレーター 藤本翔一
■価値交換工学RA(リサーチ・アシスタント)研究紹介動画
Youtubeにて順次動画を公開予定です!

===========
関連リンク
RIISEウェブサイト価値交換工学
https://www.riise.u-tokyo.ac.jp/projects/vxe/
mercari R4Dウェブサイト
https://r4d.mercari.com/




世の中のアイデアを実現できる基盤づくりを。社会で役に立つ数学の理論【小原光暁さんインタビュー】

News 2021-04-30

価値交換工学RAである小原光暁さん(情報理工学系研究科数理情報学専攻)に、ご自身の専門分野や価値交換工学 萌芽研究のテーマについてお話を伺いました。

-ご自身の専門分野について教えてください。

数理最適化理論を専門としています。社会で役に立つ数学の理論を作りましょう、という学問のひとつです。例えば、毎月の生活費が決まっている時、どこにいくら予算を割り振ると満足度が一番高く幸せなのかという課題があるとします。これに対して数理最適化では、満足度を数学的に上手く数量として表して、それを最大(最も満足度が高くなる)にする予算の配分を求めることを考えます。
今のはあくまで例ですが、現実の問題を数学的に捉え世の中にある多くの課題について満たしたい条件や最適化したい評価指標を決めて最適化問題として定式化し、よりよく目的を達成する解を求める方法を研究しています。これはモデリングやアルゴリズムを考える理論研究ではあるのですが、実社会での活用を念頭に置きながら研究するのが特徴です。

-このテーマを研究することになった経緯は何だったのでしょうか

元々数学は好きでしたがバドミントンやレスリングの部活にも熱中していたので本格的に数学に取り組み出したのは大学に入ってからです。数理最適化理論は、数理的な要素を持つ研究でありながらもその応用先を実社会の問題解決としているところに魅力を感じました。

-部活に熱中されていたということでしたが、スポーツに取り組まれる中で数学的なことが浮かんだりするのですか?

レスリングは大学で始めたのですが数学的なところがたくさんあります。体型や得意技に応じて攻め方・守り方も変わってくるため、まず自分や相手の特徴を知るというフェーズが第一にあります。その上でタックルをしてディフェンスされたら左右どちらに回る、あるいは相手がこうしてきたら立ち上がるとか、パターン分けをして取るべき行動のフローチャートを構成し実践できるように練習をします。パワーも大事ですが考えることも必要でまさに与えられた条件の下で最適解を見つける競技だといえます。部活の後輩はレスリングのことを100mダッシュしながら将棋を指しているようなもの、とよく言っているのですが自分もそう思います。

-価値交換工学 萌芽研究のテーマである「分析と制御を支える基盤技術:幾何学的な最適化アルゴリズムの深化」について、具体的な内容を教えてください。

ネットワークやビッグデータと呼ばれる一般的なデータ管理で扱うことが困難な巨大なデータの集合などから本質的な情報を抽出する「分析」とそれらの情報に基づいて思い通りの動きを実現する「制御」の 2 つは、価値の生成や交換には欠かせません。そしてこの分析や制御を実際に行う際に最適化問題を解く必要が自然に生じます。この意味で数理最適化理論は多種多様な価値交換の実現を支える基盤技術であると考えています。

 私が取り組んでいるのは幾何学的な最適化問題に対するアルゴリズムの開発です。従来の最適化理論では通常、最適化したい変数が存在する空間として2次元平面や3次元空間といった直線的で素朴なものを想定します。一方、幾何学的な最適化問題では最適化したい変数が属する空間として球面やドーナツ型、馬の鞍のような「曲がった」空間を考えます。これは従来より一般的な設定であり、世の中の難しい問題に挑戦できる、あるいは満たしたい条件をより正確に満たしながら解くことができるモデリングです。この問題に対して性質の良い解を求められるアルゴリズムを開発・改良をすることを研究テーマとしています。

数理的な要素を持つ研究でありながら応用先は実社会の問題解決であり、他分野と接点が持てる。これが魅力であり強み。

-身近なもので応用例はありますか。

数理最適化理論に関していうと、ポートフォリオ構築など金融業界で利用されています。また、ロケットや人型ロボットの制御、ネットワーク上のクラスタ分析などにも使われていますね。自動運転では車載カメラを通して人や青信号を認識する画像認識の技術が使われていますが、これも背後では最適化問題を解くことで実現されています。身近なものも実は裏側に最適化理論が使われていたりするんです。各分野の専門の方たちは何をどのように最適化したいかというのが具体的に決まっていてモデル化しているわけですが、どのようなモデリングだと解きやすいのかを予め調べることと実際に最適化問題を解く手法を開発する部分を私たちが担っています。

ひとつの応用先に限定されず多くの他分野と接点を持てるというのは抽象化された理論研究ならではの強みだと思います。以前にも、人型ロボットの研究をしている友人から歩行制御に使われている幾何学的な最適化について相談に乗ってほしいと言われたこととがあります。それまで私はロボティクスに幾何学的な最適化理論が使われていることを知らなかったのでとても印象的でした。科学技術は理論と応用が切磋琢磨して進歩するものだと思います。私の行っている理論研究が予想していなかった応用先まで広がり、新しい社会実装が拡がるかもしれないというのはとてもわくわくします。

-研究テーマで考えた、価値交換について教えてください。

私が扱う価値交換は多様なアイデアの実現を支える数理的な基盤技術です。世の中を良くするための価値交換は様々な文脈で語られていますが、数理最適化はそれらが適切に実現するために必要不可欠な技術だと考えています。私たちの研究は社会から直接見えやすいわけではありませんが、世の中の役に立ちたいという思いが根底にあるのは同じです。普遍的な技術の確立を通じて、多彩なニーズに自由な発想でアプローチできる未来を目指したいと思っています。

数理最適化理論がどこに応用されているかというのは意識的に見ていますが他分野の最先端の技術について詳しい訳ではないので、何が必要とされているのか悩むこともあります。他分野の方々との交流から彼らが何を大事にしているのかを知ることもこの活動に期待していたことのひとつです。実際に多くの分野の方々から技術の使われ方を聞くことが出来て数理モデルを考えるモチベーションに繋がっています。


木の素材としての価値を伝えるツール「Mokume」再生利用可能な素材が未来にもたらすもの 【Maria Larssonさんインタビュー】

News 2021-04-26

     photo by Enrico Bortoluzzi

     Maria

価値交換工学RAであるMaria Larssonさん(情報理工学系研究科創造情報学専攻 五十嵐研究室)
ご自身の専門分野や価値交換工学 萌芽研究のテーマについてお話を伺いました。

-研究テーマの「Mokume」について教えてください。

名前の通り木材の内部にある「木目」の構造に注目した研究です。木目を予測表現するツールとその情報を利用した木製品製作の手助けとなるツールを作成するプロジェクトです。

プラスティックやメタルなどの素材は構造が決まっていますが、木は非常にたくさんの木目模様を持っており見た目や表面の手触り、木製品の製作にとても影響しています。そこで、外観の情報をもとに木の内部の木目を予測する研究を始めました。従来の方法では木材を検査した場合に外観しかわかりませんでしたが、内部がどうなっているか予測できれば「切るとどうなるのか?」「負荷がかかった時や湿度が変化した時(乾燥や吸水など)にどのように変形するのか?」といったことがわかり木の素材としての価値をより詳細に知ることができます。

例えば、木材を扱う熟練の職人は素材の特性や木目に合わせて直感的にどの方向に切れば機能的に美しくなるのか、素材が有効的に使えるかといった判断をする技術を持っています。「Mokume」の研究により木の内部構造を予測できるツールを開発すれば、誰もが熟練の職人のように素材資源の特性を反映した機能美や有効活用といったカスタマイズをすることが可能となります。

-「Tsugite」というプロジェクトも手掛けていらっしゃいますが、「Mokume」との違いは何でしょうか?(Tsugite 記事参照)

どちらも木に着目していますが「Tsugite」は誰でも木の接合部を設計・製作できるツールなのに対して、「Mokume」は木の内部構造に注目し木材の内部のパターンを予測するツールです。もともとは「Tsugite」の研究をしている中で接合部の耐久性を左右するのに繊維方向がとても重要だということ気づき、特定の木目パターンに合わせて接合部の形状を最適化できないかと考えたことがきっかけで「Mokume」のプロジェクトが始まりました。

-なぜ、価値交換工学に興味をもって萌芽研究RAに応募しようと思いましたか?

 価値交換工学のメンバーにはいろいろな分野の研究者が参加されています。そのためRAとして参加することで他分野の方と親交を持つことができ、意見交換やコラボレーションなどを通じていつもと違うアイデアに出会える機会だと思いました。

また、価値交換工学の中で自分の研究の社会実装について考えることは良いモチベーションになります。普段の研究活動は研究そのものにフォーカスすることに費やしてしまいますが、価値交換工学はより実用的な面を重視することも求められると思っています。研究者として異なる考え方や心構えに触れられる機会を得られるのはとても良いことだと思っています。

-なぜ、木材に興味を持たれたのですか?

以前は、建築家として働いていてサステナビリティのことをよく意識していました。建物を作る時は基本的に鉄、木、コンクリートのいずれかが素材として使用されます。鉄やコンクリートは木を使った製品のように再生利用が簡単ではなく使い続けることで価値が上がるわけではないので、それらの点ではサステナブルとは言えないと思っています。そこで木材を使った建物に興味を持ち木の研究を始めました。

-研究をしていて楽しい時、達成感があるのはどんな時ですか。

建築家としての仕事は必要なタスクをこなすことが多かったのですが、研究はそうではなく自分の関心あることを探求する取り組みです。研究発表を通して他の研究者や建築に携わる方などが興味を持ってくれたり、共感してくれたりと反応が得られた時はとても嬉しいです。

-研究を進めるにあたり最近注目しているトレンドは?

最近は機械学習やディープラーニング、3Dジオメトリに熱心に取り組んでいます。それ以外にもバイオロジー、植物学といった分野、ネットワークにも触れるようにしています。例えば、出身国であるスウェーデンにあるルレア大学は木の丸太を丸ごとスキャンできるCTラボを持っています。彼らとコミュニケーションをとり、節の多い松の木をCTスキャンした大規模なデータセットを入手したりもしました。そのように他の分野と連携したりインスピレーションを得たりしています。

-実現したい未来社会、研究がこんな風に役立ったら良いなと思うことを教えてください。

常にサスティナビリティへの意識があります。木で良いモノを製作すれば楽しいし、持続可能な製品となります。木の素材の価値分析、価値創造、価値交換のための手法とツールを開発し「切った時にどう見えるか?」「負荷や湿度の変化によってどう変形するのか?」といった木の内部に関するより多くの情報を視覚化できることで、市場での木の素材の交換を促進していきたいです。

(関連リンク)
http://ma-la.com/home.html


ひとりひとりが異なることをお互いに理解しあえる社会へ:聴覚を支援する眼鏡型デバイス「asEars」の開発【高木健さんインタビュー】

News 2021-04-19

「ヒンジ部において無線給電、無線通信を行う眼鏡型デバイスの研究」というテーマで令和2年度の学生表彰「東京大学総長賞」総長賞を受賞された高木 健さん(受賞当時 大学院情報理工学系研究科苗村研究室所属、現在 大学院工学系研究科川原研究室在籍)。これまでの研究内容、今後の博士課程へ進学しての展望について伺いました。

まず、高木さんが開発されている「asEars(アズイヤーズ)」について教えてください。研究をすることになった経緯や着想されたきっかけは何だったのでしょうか。

「asEars」は片耳難聴者のための眼鏡型デバイスです。私は右耳が全く聞こえないのですが、大勢の中にいると人の声が聞き取りにくいという私自身の経験を通して難聴者を支援する研究を始めました。

既に市販されている補聴器は、外観や着脱に問題があると感じていたので、個人のデザインの好みに対応できて、かんたんに着脱が可能である眼鏡に補聴器の機能を組み込めば、この問題を解決できると考えました。仕組みとしては、マイクで難聴側の音声を拾い、聞き取りやすくなる音声処理をし、骨伝導スピーカーを用いて聞こえる側の耳に音声を伝えます。

また、眼鏡には折り畳むためにレンズとフレームの間のヒンジがありますが、ここに電池からの給電や処理装置との通信用の配線を通すと、耐久性が弱くなり、外観も損なわれてしまいます。これを解消するため、コイルを眼鏡のヒンジの隣に埋め込む無線給電、無線通信を導入しました。無線給電は安全に2W給電可能で、無線通信はBluetoothに比べ、1/80の消費電力、93倍の通信速度です。相互の干渉を防ぎながら組み合わせることで両立を可能にしました。「asEars」の取り組みは、スマートフォンの次のデバイスとしても期待される眼鏡型デバイスの普及に貢献できるのではと考えています。

「asEars」は、高木さんをリーダーにチームで研究を行われれているということですが、どんな分野のメンバーが集まっているのでしょうか。

ソフトウェアや音響、電子回路の設計、機械工学、眼鏡のデザインなど、様々な分野のエキスパートが集まって活動しています。デザインに関しては、東京藝術大学の方がプロダクトデザインやPV作成(下記リンク参照)、展示会設計も行ってくれるなど、学内外を通じた取り組みです。

現在、課題になっているのはどのような部分でしょうか。

デバイスの使い勝手を良くするために骨伝導を使用しているのですが、音質や着用感に課題があります。イヤフォンは、聞こえ方にほぼ個人差がないのに対して、骨伝導は頭蓋骨を伝い聞こえるので個人の皮膚の厚み、脂肪の量、骨格などによって聞こえ方が違ってしまいます。聞こえ方のばらつきを抑える方法として、強い力で骨伝導スピーカーを固定する方法もありますが、長時間つけていると痛いなどの問題もあって。どう両立させるかということに取り組んでいます。

補聴器は、高齢者や難聴の方向けというイメージがありますが、実際は若年層を含め広くニーズがあるものですよね。普及していない原因はどこにあると思いますか。

補聴器はつければ社会生活がより充実したものになるというが長所がありますが、短所として見た目が良くない、煩わしいという点があります。補聴器を着けるか迷っている方が、これを比較した時に、短所が勝ってしまっているというのが原因のひとつだと思います。そこを「asEars」で解決していきたいなと思います。

最近注目のトレンドはありますか。

「ヒトの耳、機械の耳―聴覚のモデル化から機械学習まで 」(リチャード・F・ライオン著)が話題となっていて読んでいるところです。あとはSNSで補聴器屋さん、耳鼻科の先生、電子回路のモノづくりが好きな人、音声学に詳しい方などフォローしています。「asEars」の研究でも、相互フォローをしている繋がりで、補聴器屋さんに壊れた補聴器をいただいて分解して仕組みを理解するといったことをしました。

「asEars」をインクルーシブな社会の実現という観点からみると今後どのような活動が必要だと考えていますか。

まず、抱えている問題をお互いに理解する必要があると思っています。同じ片耳難聴でも人によって聞こえ方や困る部分は違います。同じ障害だから同じ不便さではなく、ひとりひとりが異なることを知ってもらいたいと思います。これはとても難しい部分でもあって、ずっとそばにいて理解しようとしている家族でもわからないことでもあります。

最近、空間音響をやられている先生が、片耳難聴の状態を体験できる研究を発表されました。このような理解を促進するツールを作ることも、研究者としてできることと思いました。理解しようとしてもしきれない、言葉だけでは足りない部分もまだあると感じています。

今後の夢、目指している未来社会について教えてください。

今後は「asEars」を多くの当事者に届けるために量産していきたいです。そのために骨伝導の音漏れ防止や雑音の中で声を聞き取りやすくする研究を進め、完成度を高めることで事業化につなげたいです。将来的には片耳に限らず、両方が不自由な方にも適用できる技術かと思うので、適切なサポートすることで自分の能力が発揮できる社会になったらいいなと思います。また、難聴支援は軸としつつエンタメ、音楽再生などの利便性向上として役立てるのも一つの方向として考えています。

「asEars」紹介動画

English ver.

令和2年度学生表彰「東京大学総長賞」の選考結果について
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/students/events/h12_03.html

(関連リンク)
https://www.elephantech.co.jp/pickups/interview-ken-takaki/
https://www.marubeni-sys.com/infinite-ideas/3dprint/asears/index.html
https://redshift.autodesk.co.jp/asears-sound-glass/
https://plus.paravi.jp/business/000303_2.html
https://www.ntv.co.jp/nextcreators/backnumber/creator152.html


人や場所、環境に合わせて。人工知能によるやわらかな画像認識【幡⾕ ⿓⼀郎さんインタビュー】

News 2021-04-13

価値交換工学RAである幡⾕ ⿓⼀郎さん(情報理⼯学系研究科創造情報学専攻 中⼭英樹研究室)に、ご自身の専門分野や価値交換工学 萌芽研究のテーマについてお話を伺いました。

日本だと見慣れない食べ物が並ぶ海外市場の風景。カテゴリーは、人や場所など様々な要因で柔軟に変わるものであることがわかる。

-最初にご自身の専門分野について教えてください。

画像を認識する人工知能の研究をしています。身近な例でいうと、スマートフォンで撮った写真の被写体が何かわかるアプリがあると思うのですが、その裏で動いている「被写体が何であるか認識するための人工知能」を作っています。

-人工知能に興味を持たれたきっかけは、なんだったのでしょうか?。

小学生の時に見たロボットや特撮が最初だったと思います。中高生の頃にあった脳科学ブームの影響もあって、ヒトの脳に興味を持ち、知能とは何だろうと漠然と考えていました。脳科学だと知能を見つけることに軸がありますが、そこから実際に知能を作るという人工知能の研究に辿り着きました。

価値交換工学 萌芽研究の研究テーマである「やわらかな画像認識の実現に向けた基盤技術の開発」について、具体的な内容を教えてください。

画像を認識する人工知能を作るには、写真とそこに何が写っているかという情報(カテゴリー)のペアをたくさん用意して、1枚1枚に写っているものを学習させていきます。この学習に使用する写真は、人手でカテゴリー分けをする必要があり、このような画像を「ラベル付き画像」と呼びます。それに対してスマホで撮影して、そのままカメラロールに入ったままになっているような、何が写っているかの情報が与えられていない画像は「ラベルなし画像」と呼びます。

高性能な画像認識を実現するためには、ラベル付き画像ができるだけたくさんあった方が良く、画像認識の研究によく用いられているデータは、100万枚の画像を人手で1000カテゴリーに分類しています。こうしたラベル付き画像のデータセットを作るためには、世界中から人を集めて、写真に何が写っているか記入してもらう作業をするのですが、そうすると当然世界中の人がわかる情報のラベルしかつけられず、万人がわかる”標準化された情報”しか扱えなくなります。このように画一的な情報を扱う画像認識を私は「かたい画像認識」と呼んでいます。しかし、本来は認識の際のカテゴリーは人や場所など様々な要因で柔軟に変わっていくものです。

例えば、私は海外に行くと市場とかスーパーマーケットに行くのが好きなのですが、そこには日本にはあまりない野菜や果物がいろいろあります。地元の人は、私には分からない細かい種類の違いを認識しながら生活していて、カテゴリーは人や場所によって全然違うことがわかります。このような柔軟さを備えた画像認識を作れたらと思い、それを「かたい画像認識」と比較して「やわらかな画像認識」と呼ぶことにしました。

それから、先ほど言ったように人工知能での高精度な画像認識をしようとすると、たくさんの画像が必要になってくるのですが、個人や地域固有のものを扱おうとすると、十分な大きさのラベル付き画像を集められません。そこで、大規模なデータセットをあらかじめ用意することを諦めて、個人や地域の単位で人工知能自身が自律的にインターネットなどから関連する画像を持ってきて人工的なラベル付き画像から学習できるようなことがでればと考えています。

人工知能が自分で学んでいくということですか?

あまりいい例か分からないのですが、多品種のりんごを育てている農家の方が、”りんごの画像認識したい”と思ったとしても、既成の人工知能では品種の区別なく、全部りんごとして扱われることになります。かといって育てているリンゴの写真を沢山撮って学習させるのは大変です。ただ、インターネット上には同じ種類の画像があるので、そういう画像を人工知能が自ら探してきて学習して、自分自身でどんどん賢くなっていくということもやってみたいと思っています。

「やわらかな画像認識」というネーミングにはこだわりが?

先ほども述べた、これまで研究されてきた画一的で「かたい」カテゴリを扱う画像認識に対して、自分の研究を表現するのに「やわらかい」という言葉が的確にシンプルに説明できる言葉だとしっくりきました。それから、多くの社会課題は、個人や地域の固有性といった標準化されていないものをインクルーシブに含むものと考えていて、そうした課題へ研究が繋がっていくために必要となる柔軟さを、「やわらかい」という言葉で表現できているといいなと思っています。

価値ある画像データによる社会課題の解決

zoomのアイコンが面白いなと思ったのですが、何の画像ですか。

画像のスタイルを他のものに移すという人工機能の技術で作成したもので、自分の写っている写真をステンドグラスのスタイルに変更したものです。

このテーマを研究することになったきっかけはなんですか?

画像認識をする人工知能は基本的に先進国で撮影されたラベル付き画像をもとに訓練されているため、新興国のものは上手く認識できない、という論文を読んだことです。例えば、先進国の白い洗面台に置かれた石けんの写真は認識できるのに、新興国の固形石けんの写真は食べ物と誤認識してしまうというものです。

このように先進国のモノしか認識できないという点が気にかかり、中央集権の人工知能を使うのではなく、分散した地域や個人のレベルに合わせた人工知能を作っていく必要があるのではと思ったのが今回のきっかけです。

他にも興味がある社会問題はありますか?

人類が何度も繰り返している社会問題、貧困問題などの解決について興味があります。また、人種問題やマイノリティをどう取り込んでいくかという点にも着目しています。

研究を進めるにあたり最近注目しているトレンドは?

最近は、画像の情報と言語の情報を両方使った画像認識の研究が出てきています。今回は画像認識だけを扱いますが、言語情報も足すことでより良い人工知能をつくるという発展の可能性も考えています。


建築保存の可能性を広げる文化的価値と経済・社会的価値の交換【井澤佳織さんインタビュー】

News 2021-03-29

価値交換工学RAの井澤佳織さん(工学系研究科建築学専攻 本間裕大研究室所属)にご自身の専門分野や
価値交換工学 萌芽研究のテーマについてお話を伺いました。


-まずはご自身の専門分野について教えてください。

建築社会システムを専攻しています。建築というとビルや家を建てるという画一的なイメージが先行しがちですが、建築社会システムは社会コミュニティ、法制度、税制度など建築の社会的・経済的システム両側面の諸問題にかかわる研究を行う領域です。多様な研究領域や事業分野にまたがる内容を取り扱うことで建築由来の社会問題を解決していこうという比較的新しい分野です。例えば、増加の一途を辿る空き家は社会問題のひとつと言えますが、解決するためには空き家として利活用されなくなる要因を分析し解決策を提示するだけでなく、空き家を扱うプラットフォームや法制度の整備など実際に社会実装されることが求められます。こうした課題解決のために建築社会システムが必要とされています。

興味を持たれた経緯はどのようなものだったのでしょう?

中高生時代はデザインに興味があり、ライゾマティクスのようなメディアアートに携わりたいと思っていました。ただ、デザインというのは才能の有無で明暗が分かれる分野だと当時は思っていたので、才能だけでなく学問に裏付けされるデザインは何かと考えた時に興味を持ったのが建築でした。

大学入学後、授業で住宅や公共施設などの設計課題に取り組むうちに、建物は様々な人々が関わるものなのにデザイン一辺倒で自分が作りたいものを作るというだけで良いのかなと感じ始めました。そういった葛藤を抱えていた学部3年時に建築生産の授業を履修したことで、建築社会システムという社会性を考慮して建築を複合的に捉える分野があるのだと初めて知ったんです。デザインから外れて法制度や社会問題にも興味が広がり、今に至ります。

自分の作りたいものを作るということから社会課題を解決していくという方向にシフトしていくわけですね。

ドラマチックな空間を設計するデザイナーに憧れていましたが、そういったデザインを実現するために必要な場の整備やプラットフォーム作りを行うために各専門の方々と協力し合いながらデザインに関わりたい、という考えに変化していきました。

価値交換工学 萌芽研究の研究テーマが「複数主体を前提とした建築保存における文化的価値の交換スキームに関する数理的研究」とのことなのですが、具体的な内容を教えてください。

建築保存と聞くと京都や奈良などの古都にある寺社仏閣が思い浮かぶかと思います。こういった建造物には、みなさん「保存しなければ」という意識が少なからずあると思います。しかし、価値がまだ確立できていない建物もいっぱいあります。例えば1960-80年代に建てられたRC(鉄筋コンクリート造)の建物などは、古いから壊しても良いだろうという意識が先行して、文化的な価値は検討されず法制度や資産価値的な考えだけで壊されてしまっているものもあります。

また、文化的価値があるから保存されている建物の中には、所有者のボランティア精神に依存し保存されるなど、経済的な皺寄せが生じている事例もあります。このように建物を壊すのがよいか、残すのがよいかを考えることはとても難しい。そこで、建築保存に関わる人々の行動や意思決定を数理的に分析し考察することで、文化的な価値を経済的な価値や社会的な価値へ交換する機会がより身近になるようなスキームを提案することができれば、持続的な建築保存が可能になるのではないかという研究です。

文化的な価値を経済的・社会的な価値へ交換する、また数理的にというのはどういうことでしょうか?

文化的な価値はあるが性能が劣化した建物もリノベーションすることで、建築保存しながらリブランディングされます。リノベーション前は「古ぼけた」と評価された文化的価値が、「古きよき / ヴィンテージ」という社会的価値に交換され、更に活用されることで経済的価値に交換されます。商業施設であれば賃料が上がり、その賃料をメンテナンス費用に当てられるといった建築保存に循環が生まれます。寺社仏閣などでは参拝料といった形で循環が生じていますが、300-500円ぐらいにしかならない。そのため、利活用を前提としない展示物としての保存ではなく、商業テナントのように使われながら継承されていくという形式が、理想的な文化的価値を経済的・社会的価値へ交換するモデルの一つです。

これには、特定の建物に対していくら助成金があればサステナブルな循環になるのかという金銭的なモデルと、所有者の方は保存するか解体するかの決定をどこで線引きしているのかという意思決定的なモデルが必要になります。限度はありますが、こういったことを数理的な手法で解決、可視化できると思っています。建築社会システムと数理的研究は組み合わせとして相性が良いので。

好きな空間がいつかの誰かの好きな空間へ継承される

建築社会システムの中でも建築保存というテーマを研究することになったきっかけはなんですか?

生活していると「この欅並木いいな」とか、「奥まった路地いいな」ということがありますよね。かつて誰かがいいなと感じた空間が時を経て、また誰かの好きな空間へと継承されていたら素敵だなというのがきっかけとしてあります。

研究活動はどんなことをされていますか?

新しい手法で保存されているもの、デベロッパーの方々が現行の法制度を新しい解釈をして、進める建築プロジェクトは追うようにしています。例えば渋谷の宮下パークは公園を立体的に作ってもいいという法制度を利用したことで現在の姿に生まれ変わりました。このような事例をみていくと、アイデアを探す手掛かりになり、価値交換工学だったら歴史的な価値をヴィンテージというものに置き換えて取引できるのではないか、という発想につながってきます。数学的な課題については先生からのアドバイスや参考書、研究室で後輩が取り組んでいるプロジェクトを通して学びを深めています。

建築プロジェクトを追うというお話がありましたが、ご自身なりの情報収集のしかたはありますか?最近注目しているトレンドは何でしょう?

Twitterで日経テックや建築事務所のアカウントをフォローしたり、新建築などの雑誌をみたりして情報収集しています。様々な分野の方がコメントをつけていて情報の連なりが面白いですし、新しい視点や気づきが得られます。SNSでの情報収集は、きっかけ作りが捗るので重宝しています。最近は、リファイニング、DIY、プログラミングに関心がありますね。建築と不動産、建築とIoTといったコラボレーションの動向は最近のトレンドだと思います。

建築保存事例

空間性のよさや街の価値を損なわず経済性を高める街づくり

研究の新しさ、オリジナリティがあるのはどこですか?

建築保存は実は欧米由来の考え方で、日本では明治時代あたりから普及し始めます。近年、保護対象は寺社仏閣だけではなく1960-80年代の近代建築も含まれるようになってきてはいますが、従来の建築保存のやり方を受け継ぐだけでは現在の社会制度と噛み合わないところが出てきてしまいます。そこを改めていくために、ケーススタディではなく体系化を試みる点、つまり建築保存を数理的に解くということがオリジナリティと考えています。

今までは文化を保存したいという人情味あふれる感覚的な領域に、数理という無機質なものが介入することは避ける傾向があったのですが、時代の変化と共に情報と技術と何かという組み合わせに皆さん寛容になってきている。数理的研究を行う地場を整えていくのに時代とマッチしてきているのではと感じています。

研究を通して考えた新しい価値交換、創造したい未来、今後の意気込みを聞かせてください。

開発によらない開発ができる未来を創造できたらいいなと思います。渋谷の開発は目覚ましいものがあり、それが渋谷らしさでもあります。一方で、古都であったり、ニュータウンといった郊外であったりは、その街や地域の固有性を尊重し、スクラップアンドビルドをするのではなく、今ある価値も損なわないで経済性を高めるまちづくり・開発が必要です。そういった価値交換を可能にするプラットフォームを社会実装できたら嬉しいです。


情報技術を使った多言語コミュニケーションの支援。感情も翻訳することができる未来社会を。Ari Hautasaari先生インタビュー

News 2021-02-04

                                        

ヒューマンインタフェース、インタラクション/CSCWを専門に多言語コミュニケーションや感情的価値について研究されているAri Hautasaari先生。研究のバックグラウンドや内容、興味のあるトレンドについてお聞きしました。

Ari Hautasaari/特任講師/情報学環

-研究テーマがヒューマンインタフェース、インタラクション/CSCWということなのですが、主にどんなことを研究されているのでしょうか?

多言語コミュニケーションの支援に興味を持っています。その支援方法の一つは「機械翻訳を用いたコミュニケーション」です。パソコンやスマホなどを使って言語を翻訳することで、母国語が違う人同士のコミュニケーションを支援する技術ですね。

-何がきっかけで機械翻訳に関心を持たれたのですか?

私はフィンランド出身で、経済学と情報処理の両方に興味があったのですが、大学では情報処理の中でマーケティングのことも学べるということで、情報処理のコースへ進みました。修士課程の時に奈良先端科学技術大学院大学に留学するチャンスがあり日本に来たのですが、そこで機械翻訳を用いたコミュニケーションというのを初めて耳にしました。私自身、日本での生活で言語的な壁を感じていたので情報技術を使って何かできないかと思っていました。ただ、ヨーロッパでは言語によるコミュニケーションの壁は、その言語を学べばいいという考えのみでした。それが、日本ではテクノジーによって言語コミュニケーションによる課題解決を考えることは研究になると言われて、その時に、人生の道が開けた感じでしたね。

他国でも機械で書類を翻訳するプロジェクトはありますが、情報技術を使ってコミュニケーションを支援するという研究は日本だからこそ取り組みやすいという印象があります。今、取り組んでいるマーケットプレイスの研究では、自分のバックグラウンドである情報通信、言語コミュニケーション、もともとあった経済学への関心が活かせていると思っています。

メモリーマーケットプレイス。
中古品にある想い出という感情的価値の交換を可能にする未来の市場。

-メルカリと共同研究をされていますが、研究テーマである「感情的価値」、「メモリーマーケットプレイス」というキーワードについて教えてください。昔から研究されてきている概念なのでしょうか?

例えば初めてオンラインでモノを売買した時、それがとてもスムーズに取引が終了すれば、その時の経験は購買したことだけでなく、”メルカリのサービス=良い”というイメージへつながり、メルカリという企業ブランドに対する感情的価値が上がったと言えます。これはマーケティング分野におけるブランディングとして従来よりある概念です。

一方、私が研究を進めているのは中古品というモノにある想い出という感情的価値です。例えば、ピアノを売るときに「6歳から娘が10年使いました。大事にしてください。」という感情的価値が買い手に伝わると価格が高くなる可能性があります。もし、ピアノを同じ様な家族が購入して、また、10年使用すると更に感情的価値は上がります。このように中古品の売買では、モノだけでなくて想い出という感情的価値も交換していると考え、その価値を技術によって買い手へ伝えることができたら、素晴らしいと思っています。

そして、そのビジョンを「メモリーマーケットプレイス」というプロジェクト名にしています。本当は「想い出市場」とつけたかったのですが、大阪にすでにあるようで。笑

-機械翻訳や多言語コミュニケーションと感情的価値はどのような関わりがあるのでしょうか?

今後オンラインでのモノの売買はさらに国際的になっていきます。その様な場において感情的なやりとりをどう支援していくべきかが課題になります。機械翻訳では感情的な情報は翻訳されず、翻訳されたメッセージは、機械で作成されたものであることが相手にはすぐわかってしまいます。また、機械翻訳によるメッセージの文面だけだとその言語の非ネイティブには感情が伝わらず、伝え手が少しだけネガティブな意味を込めた場合も、相手はすごくネガティブに感じてしまうという研究結果もあります。このようなことから、グローバルオンラインマーケットで感情を適切に伝え合うには、テクノロジーによる新しい支援システムが必要だと考えています。

-メモリーマーケットプレイスは、将来どのようになっていきたいですか?

将来的にはグローバルオンラインマーケットにおいて、誰もが円滑にコミュニケーションをすることができる技術を開発していきたいです。それは、今回お話しした企業のブランドに対する感情的価値の側面だけではなく、オンラインサービスのカスタマー間で売買する際にも、想い出の感情的価値があるものを取引できるような、ユーザーにも役に立つ情報技術を作りたいと思っています。

 

-最近注目しているトレンドがあれば教えてください。

ポストコロナの働き方については非常に注目しています。コロナになる前と後では双方にメリットデメリットがあるので、二つの価値・環境を合わせるハイブリッドな働き方を考える必要があると思っています。

個人的には唐辛子の栽培をベランダで始めました。在宅勤務にならなければ取り組まなかったことです。この新しい発見のおかげで、持続可能な農業(sustainable agriculture) に関する技術・手法・研究にも興味を持っています。


CALL FOR SPROUTING RESEARCH RAS 2021 IN VALUE EXCHANGE ENGINEERING

News 2021-02-02

Application is closed.

RIISE and R4D, the research and development organization of Mercari Inc., launched a joint research project “Value Exchange Engineering” to conduct extensive research on novel value exchange through rapid technological development.
At this time, we are looking to recruit research assistants (RAs) to work on themes that are consistent with the concept of value exchange engineering but are still at seedling stages, and to foster these themes to main research of value exchange engineering in the future.
If you are interested in applying, please read the application guidelines below and submit your application.
*1 This is an addition to the call for Sprouting Research RAs that was called in October 2020.

Forms
Application form (ECCS Cloud Email required)
Research Proposal form (ECCS Cloud Email required)
Application for Excellence(Only those who want to apply for Excellent RA / ECCS Cloud Email required)

◆Eligibility
Graduate students in the Graduate School of Engineering, Graduate School of Frontier Sciences, Graduate School of Information Science and Technology, GSII, Institute of Industrial Science, and Research Center for Advanced Science and Technology, Graduate School of Economics(*2) at the University of Tokyo.
(*2 The Graduate School of Economics plans to participate in RIISE from April 2021.)

About Research Assistants
– Excellent RA: Doctoral students of the Graduate School of Engineering or Master’s students of the Graduate School of Engineering. Additionally, Master’s students must have a GPA of 2.5 or higher, or be recognized as having high research ability by research outcomes that have been published externally.
– Research Assistant: Doctoral students
– Technical Assistant:Master’s students

◆What you are applying for
We are looking for RAs to work on sprouting research themes consistent with the concept of value exchange engineering.
In addition to research publications and conference presentations, the research also covers efforts towards practical outputs in value exchange engineering, such as applications and other product implementations.

◆Features of the Program
Accepted research proposals will be treated as part of the value exchange engineering research collaboration. Those who wish to do so may conduct their research while interacting with R4D members. You will also receive advice from the multidisciplinary faculty members involved in the RIISE project. (Monthly progress report)
Those in advanced stages in their research will be given the opportunity to discuss with researchers and board members of Mercari.


Application instructions

◆Research period
In principle, the period from adoption to the end of fiscal year 2022. (*3)
At the end of the research period, if the grantee wishes, additional support called the Acceleration Phase may be available for up to one year. Research topics that are expected to become even more significant with continued research support can be selected for the Acceleration Phase. Grantees must decide whether they wish to participate in the Acceleration Phase before the progress evaluation scheduled one year after the start of the initial research period. The maximum duration of the Acceleration Phase is one year from the day after the initial research period is completed.
The research theme of your application may be the theme of your master’s or doctoral thesis pending an agreement with your academic advisor.
(*3) The actual research period will be determined by careful review and approval of the submitted research plan.

◆Total budget
In principle, the budget for each research project is approximately 2 million yen (direct costs). The details of the budget are subject to review and approval of the research plan to be submitted.
The adopted research funds will be used as part of the joint research funds for value exchange engineering between RIISE and R4D. Please note that the use of the funds is subject to the financial accounting rules of the University of Tokyo.

Research expenses (direct costs) are expenses that are directly necessary for conducting research and can be used for the following purposes

a. Supplies: expenses for the purchase of new equipment, fixtures, supplies, etc.
b. Travel expenses: travel expenses for research staff and other research participants listed in the research protocol
c. Others: research results presentation costs (e.g., article submission fees), equipment leasing costs, transportation costs, etc.

The research plan should state the direct costs.
For your RA or Excellent RA preference, please review the RA treatment in the reference section and select your preference on the application form.

◆Number of research themes to be adopted
A maximum of five (5) applications. The number of accepted applications is subject to change depending on budget and other circumstances.

◆How to apply, schedule and selection
Application process
– Participate in an online briefing session (optional)
– Application form deadline: 17:00, Monday, March 117:00, Friday, March 5
– Application for Excellence(Only those who want to apply for Excellent RA) deadline: 17:00, Monday, March 117:00, Friday, March 5

Online Briefing Session (Participation is optional)
– Date: February 9, 2021, 19:00~20:00 (zoom from here) (ECCS Cloud Email required)
Recorded video (ECCS cloud mail required)
Presentation document & contact information (ECCS cloud mail required)

Notes on filling in the form
– Please include your affiliation, name, email address, research title and research summary in the application form.
– You must obtain consent from your affiliated laboratory before applying.
– Please indicate if you wish to receive advice from RIISE participating faculty members, persons in charge at R4D, or a department of Mercari. (optional)
– Please note that applicants for the Excellence RA have two submissions to make.
– Also, you may be selected as RA if you have been applying for the Excellent RA but have been unsuccessful. In this case, the secretariat will contact you during the selection process.

Selection
After reviewing the applications, the successful applicants will be selected through online interviews on March 15 or 16.

Selection criteria and method
After fulfilling the application requirements, online briefing sessions (optional) and other information will be delivered to help the students understand value exchange engineering and its objectives. The feasibility and expectations on the research results will be reviewed by the RIISE participating faculty members.

◆ Notes
Please be aware of the following requirements for application.
– If it is determined that a research proposal does not meet the requirements for application (e.g., the subject of the application) by the time it is adopted, the proposal will be rejected or not accepted, as a rule.
– If you are unable to meet the application requirements before your proposal is approved, your proposal will be rejected or not accepted, in principle. If the requirements are not met during the research period, the research theme will be terminated in whole or in part (early termination), as a rule.
– The adopted research theme will be treated as a part of the collaboration between RIISE and R4D. Therefore, the grantee is required to comply with the rules and guidelines of the University of Tokyo’s Office of Cooperative Research and Development.

Division of University Corporate Relations, The University of Tokyo,
https://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/en/

◆Reference: Labor cost treatment of RAs
There is a limit to the number of overlaps with JSPS Fellowship DCs and other fellowships. Please check with your graduate school for the overlap rules.

RA and Technical Assistant 
Compensation: Master’s program: ¥150,000/month (standard), Doctoral program: ¥200,000/month (standard)
There is a limit to the number of overlaps with JSPS Fellowship DCs and other fellowships. Please check with your graduate school for the overlap rules.

Excellent RA – 1 person
Compensation: ¥200,000 per month for master’s course (standard), ¥280,000 per month for doctoral course (standard)
There is a limit to the number of overlaps with JSPS Fellowship DCs and other fellowships. Please check your graduate school’s rules regarding overlap with other fellowships.


価値交換工学 萌芽研究RA等2021の募集について

News 2021-01-29

応募は締め切りました

RIISEでは、メルカリの研究開発組織R4D(以下、「R4D」)と共同研究「価値交換工学」を立ち上げ、テクノロジーの急速な発展による新たな価値交換について、既存の学問の枠にとらわれない、幅広い研究を行っています。この価値交換工学のコンセプトに合致しつつもシーズ段階にある研究を見出し、今後の「価値交換工学」の主要研究として育むべく萌芽研究とそれに取り組んでいただくRA等を募集いたします。
希望者は、下記の応募要領をお読みいただき、フォームを通じてご応募ください。
(*1. 2020年10月に募集した萌芽研究RAの公募第2段です。)

【応募様式】
応募フォーム(要ECCSクラウドメール)
研究提案書 (左記の様式をダウンロードし、記入の上、PDFファイルで応募フォームへアップロード)
卓越RA応募書類(部局卓越RA希望者のみ提出、要ECCSクラウドメール)
※工学部情報ポータル掲載時にありました希望調書の提出は不要となりました。部局卓越RA希望の方は、研究提案書と卓越RA応募書類を提出ください。

◆募集対象
RIISEの連携部局である工学系研究科、新領域創成科学研究科、情報理工学系研究科、学際情報学府、生産技術研究所、先端科学技術研究センターおよび経済学研究科*2に所属の大学院生。
(*2  経済学研究科は2021年4月よりRIISEに参画予定です。)

 【RA(Research Assistant)等について】
 ・部局卓越RA:対象は、工学系研究科博士課程の学生または、工学系研究科修士課程の学生。
 (修士課程の学生は成績評価係数が2.5以上もしくは外部発表された研究成果により高い研究能力を有することが確認できる方。)
 ・RA:対象は、RIISE連携部局の博士課程学生
 ・技術補佐員:対象は、RIISE連携部局の修士課程学生

◆募集事項
価値交換工学のコンセプトに合致する萌芽研究とそれに取り組んでただくRA等を募集いたします。
研究は、論文、学会発表の他、自ら生み出したい価値交換工学としてのアウトプット(アプリなどのプロダクト実装など)への取り組みも対象です。

◆本プログラムの特長
採択された研究テーマは、価値交換工学の共同研究の一部として取り扱います。希望者はR4Dメンバーとも対話しながら、研究を進めることが可能です。また、分野横断的に構成されたRIISE参画教員からアドバイスをうけることができます。(月1回程度の進捗報告)
一定の進捗が得られたものは、メルカリ社の研究者や役員等とのディスカッション機会を得られる予定です。


応募要領​

◆研究期間
原則として採択から2022年度末までです。(*3)
その後に採択者が希望する場合は、加速フェーズと呼ばれる追加支援を1年間受けられる可能性があります。加速フェーズは、研究を引き続き支援することでより一層大きな成果になることが期待される研究テーマを選定するものです。採択者は、研究開始1年後を目処に実施する進捗評価までにこの加速フェーズを希望するかを判断して申請します。加速フェーズは、研究終了日翌日より最長1年となります。
なお、応募テーマは、指導教員の合意の上、修士論文、博士論文のテーマとして取り組んでいただいても結構です。
(*3)実際の研究期間は、提出いただく、研究計画の精査・承認により決定します。

◆研究費
1課題あたりの予算規模は、原則として2百万円 (直接経費)程度とします。予算の詳細は、提出いただく、研究計画の精査・承認により決定します。
採択された研究費は、RIISEとR4Dとの価値交換工学における共同研究費用の一部として取り扱います。使用には東京大学における財務会計ルールに基づく手続きが必要であることをご留意ください。

研究費(直接経費)とは、研究の実施に直接的に必要な経費であり、以下の使途に支出することができます。
 a. 物品費:新たに設備・備品・消耗品等を購入するための経費
 b. 旅 費:研究担当者および研究計画書記載のその他の研究参加者等の旅費
 c. その他:研究成果発表費用(論文投稿料等)、機器リース費用、運搬費等

研究計画には直接経費を記載ください。RAもしくは卓越RAについては、制度および待遇を「研究参加者の人件費待遇について」の項目でご覧いただき、ご希望を応募フォームへ記載ください。

◆採択予定課題数
最大5件。採択件数は、予算等の諸事情により変動する場合があります。

◆応募方法・スケジュール・選考
○応募の流れ
・オンライン説明会へ参加(任意)
・応募フォームへ必要事項を記入して応募。締め切り:3月1日(月)→3月5日(金)17時まで
・部局卓越RAで応募される方はあわせて、卓越RA応募書類を提出。締め切り:3月1日(月)まで→3月5日(金)17時まで

 【オンライン説明会(参加は任意です)】
 時間: 2021年2月9日 19:00~20:00(こちらよりzoom開催
 録画動画(要ECCSクラウドメール)
 説明会資料・問い合わせ(要ECCSクラウドメール)

 【記入上の注意点】
 ・応募フォームには、所属、氏名、メールアドレス、研究タイトル、研究概要を記載ください。
 ・応募には、所属研究室の合意が必要です。
 ・アドバイスを希望する場合は、応募フォームにRIISE参画教員、R4Dの担当者またはメルカリ社の部門を記入ください。(任意)
 ・部局卓越RAに応募される方は、応募フォームと卓越RA応募書類(3/1まで)の2つの提出があることにご注意ください。(工学部情報ポータル掲載時にありました希望調書の提出は不要となりました。)
・部局卓越RAを希望されたものの不採択となった場合に、RAとして選考を行うことが可能です。その場合には、選考の過程で事務局よりご連絡いたします。

○選考
 応募いただいた研究テーマについて書類選考を行なった後、通過者に対し3月15日・16日に面談(オンライン)を行い、採択します。

○採択基準・審査方法
 応募条件を満たした上で、オンライン説明会(任意)やその他の情報を通じて価値交換工学について理解をしてもらい、その目的にあっているか、また、成果の実現性や期待値をRIISE参画教員により審査します。

◆応募に際しての注意事項
応募要件に関して、以下のことを予めご承知おきください。
・採択までに応募要件(募集対象等)を満たさないことが判明した場合、原則として、研究提案書の不受理、ないし不採択とします。
・応募要件は、当該研究課題の全研究期間中、維持される必要があります。研究期間の途上で要件が満たされなくなった場合、原則として当該研究テーマの全体ないし一部を中止(早期終了)します。
・採択された研究テーマは、RIISEとR4Dとの価値交換工学における共同研究の一部として取り扱います。そのため、採択者は、東京大学民間等共同研究取扱規則をはじめとする東京大学 産学協創推進部本部に掲載の関係規則等およびガイドラインを遵守することが求められます。
東京大学 産学協創推進部本部

◆参考:研究参加者の人件費待遇について
※待遇については、所属や学年、他の助成、雇用の有無、審査結果によって変わるため、不確定要素があります。ご了承ください。

○ 部局卓越RA 1名まで
 待遇:修士課程20万円/月(標準)、博士課程28万円/月(標準)
 日本学術振興会特別研究員DC等との重複制限があります。重複に関する受給ルールは各自所属研究科でご確認ください。

○ RAおよび技術補佐員
 待遇:博士課程20万円/月(標準)、修士課程15万円/月(標準)
 日本学術振興会特別研究員DC等との重複制限があります。重複に関する受給ルールは各自所属研究科でご確認ください。
 修士課程の学生は、技術補佐員(短時間勤務有期雇用教職員)としての雇用となり、時給×単価によって支給額が決まります。


意外な組み合わせを誰もが形にできるツール開発とは。
吉田博則特任研究員インタビュー

News 2021-01-13

    

現在FabCafe Tokyoで開催中の「WOOD CHANGE Exhibition」に「Tsugite」を展示中の吉田博則特任研究員。作品に盛り込まれている研究要素や今取り組まれている研究についてお話を伺いました。

デザインのためのツール開発
そこから生まれる新たなデザインの可能性

-現在「WOOD CHANGE Exhibition」で展示されている作品「Tsugite」について教えてください。

「Tsugite」は、伝統構法の継手・仕口の組み方に着想を得たプロジェクトでMaria Larssonが主著の学術論文として発表しています。元々素材と素材をくっつけることに興味があり始まったプロジェクトです。木造建築など木を素材とする場合、必ず問題になるのがどうやって木をくっつけるかということなのですが、組み木のなかでも線状につなげるのが「継手(つぎて)」、それ以外のコーナージョイントなどを「仕口(しぐち)」といいます。継手は、何百年も前に木が少なる中、何とかして長い材料を手に入れたいということで先人たちによって発明されました。組み方にこうした知恵を投入しているところがポイントです。

-日本科学未来館では、「Swirled Branches」という作品が常設展示されていますよね。同じ手法なのでしょうか?

同じ”ものとものをくっつける”という作品ですが、「Tsugite」は組む部分に着目したのに対し、「Swirled Branches」は複雑に曲がった形状や異なった形状のものを組むということに視点を置いた作品です。

-デザイナーであり、デザインが完成されるのに必要なツールの開発をされているということなのですが。

”作品を作っている人=デザイナー”というイメージがあると思いますが、デザイナーのためのツールを開発する人たちもまた、デザインをやっていると言えます。例えば、インテリアデザイナーは製作過程でコンセントの位置を決めたりしますよね。そこで手助けするツールがあれば効率が上がったり、簡単に統一感が出せたりするようになるわけで、そのツール作成もデザインです。そうしたツール作成のアウトプットから、研究としての新規性も主張できたらと思っています。

-Tsugiteは作品としての側面も持ちつつ、それを作成するためのツールもまた成果なんですね。研究として「木工継手・仕口」に取り組まれ10月に学術リリースをされていれていますよね。研究の観点から、今回の作品に盛り込まれている要素を教えてください。

デザインをする人たちが他の人と差を出すためのポイントとしてよく言われているのが ”ディテールをどう処理するか”です。例えば、金属と木など違う素材を組む時にくっつくところのディテールがどう見えるか。同じような部分にこだわってる人たちには「Tsugite」はパワフルなツールになると思います。

ディテールの処理には経験や勘が重要な分野になってきますが、「Tsugite」は誰でも簡単に複雑なジョイントを作れるようにしたところがポイントです。デザインのためのツールであるとかデザインが完成するために必要な要素にこだわって最新技術を用いてきたのが評価していただいている部分かなと。

「Tsugite」(出典:http://ma-la.com/tsugite.html)

日本科学未来館で展示されている「Swirled Branches」(出典:http://ma-la.com/tsugite.html)

身の周りのものを再構成することで新鮮さが出る。
そこに価値が生まれるということが大事

-Swirled Branchesでは素材全体の形状や使われていない素材について、Tsugiteでは素材と素材の接続部に着目されていますが、他にも気になっているものはありますか?

そうですね。建築家という概念が出る前、日本では宮大工が西洋ではマスタービルダー(大工の棟梁)がいました。適材適所という考え方なのですが、彼らはすでにある材料をみて、その場で配置を計算して組み立てていったんです。計算技術を使ってそういうことがまたできるようになれば素材の有効活用などに使える概念だと思います。

-youtubeで「BranchConnect」という子供向けのWSを拝見しました。様々な活動をされていますが、どんな思いがあって行っているのか教えていただけますか。

研究の大きな格子があって、なぜコンピュータ計算機を使うのかということは常に考えているのですが、わたしの場合、コンピュータを使うことで、今まで難しいとされたことを広く一般に開放していきたいという思いがあります。老若男女、5,6歳のお子さんでも何かデザインできたり、逆にそうした人たちの方が、囚われないアイデアを出してくるので面白かったりしますね。

-自身の研究を社会実装していくにあたり考えていることは?

実際、研究者がひとりで社会実装まで行うのは難しく、周りの協力が必要です。なので、まずはきちんとサンプルを作り見てもらうことからですね。「WOOD CHANGE EXHIBITION」では、ジョイントの部分が展示されているので一見作品っぽくはないんです。ものをつくる人たちがそれを見て、これをデザインしたツール使ってみたいと思ってくれれば大成功。そのツールからさらに新しい形が生まれたら社会実装につながると言えますね。

直角に木を組む方法はたくさんあったけどよくみたらちょっと違う。そういう新鮮な発見を提供できるといいですね。ありふれた素材を使って、人それぞれが考えたものを自分で簡単に形にできるといいなと思います。

-価値交換工学の視点から今後やっていきたいこと意気込みを教えてください。

ぱっと見面白く無いもの、見向きもされていないものに少し手を加えることで驚きや新鮮さを提供できるとそこに価値が生まれるということが大事だと思います。身の回りにあって見方が定着してしまったものに対して、何かしらの操作ができるといいですよね。例えば、ツールを使用することでガラスと鉄をくっつけられる、壊れている部分が3Dプリンタで直る、といった部分を価値として提供できればと思います。現在はLAに展示するための作品を制作中です。現地の素材で作品を作ることを考えていて、展示を盛り上げていきたいです。

Information(https://www.riise.u-tokyo.ac.jp/news-vxe-exhibition-yoshida/)
期間:12月19日(土)〜1月11日(月)
平日 8:30-20:00 / 土日祝 10:00-20:00 (2020.12.16現在)
入場料:無料
場所:FabCafe Tokyo
東京都渋谷区道玄坂 1-22-7 道玄坂ピア1F
FabCafe Kyoto @京都(1月15日〜1月30日)、FabCafe Nagoya @名古屋(2月2日〜2月15日)にも巡回予定。
https://awrd.com/award/woodchangeaward
https://fabcafe.com/jp/events/tokyo/20201219_wood_change_meetup

<関連リンク>

Tsugite: Interactive Design and Fabrication of Wood Joints
http://www.ma-la.com/Tsugite_UIST20_reduced_file_size.pdf

日本科学未来館
https://www.miraikan.jst.go.jp/exhibitions/future/digitallynatural/


伝統技術への新たな光 ”Tsugite”
「WOOD CHANGE Exhibition」にて展示決定

News 2020-12-22
Photo by  Fab Cafe

2020年12月19日(土)〜2021年1月11日(月)、FabCafe Tokyoで開催中の「WOOD CHANGE Exhibition」にMaria Larssonリサーチアシスタントと吉田博則特任研究員が共著の「Tsugite」がアイディア事例として展示されています。

 Photo by Fab Cafe

クリエイティブなアプローチで国産材の利用拡大を目指すロフトワーク主催のプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」の連動企画として開催されている本展。また展示に先だって、ウェブページでは3同著者のSwirled Branches(未来館で展示中、下記画像参照)が紹介されています。

世界的に高く評価されている日本の伝統技術「継手・仕口」。本展示では、これらの技術を持続可能な視点から捉えた新しい「Tsugite」に出会うことができます。

釘を使わずに木材を接合する技術は、見た目やクオリティーなどの面において高く評価されている一方、設計が困難、手作業の手間などの問題も抱えています。そこで、計算機と切削加工機を用い、設計・製作のためのインタラクティブシステムを開発することでカスタムメイドの木工接合部のデザインと製作を容易にしました。

さらに、金属製の固定具や接着剤を使用せず接合を行うことによって、廃棄物の選別とリサイクルの際の素材の混合を軽減できます。建物や家具といった製作物は分解が可能なため、破棄せず組み立て直して再利用することも可能です。これらの取組みは自然で再生可能な木材の持続可能性を向上することへとつながります。伝統を守り、環境問題へ貢献していく。持続可能な未来を期待させる作品です。
                                           (取材・文 米山麗華)

Information
期間:12月19日(土)〜1月11日(月)
平日 8:30-20:00 / 土日祝 10:00-20:00 (2020.12.16現在)
入場料:無料
場所:FabCafe Tokyo
東京都渋谷区道玄坂 1-22-7 道玄坂ピア1F
FabCafe Kyoto @京都(1月15日〜1月30日)、
FabCafe Nagoya @名古屋(2月2日〜2月15日)にも巡回予定。
https://awrd.com/award/woodchangeaward
https://fabcafe.com/jp/events/tokyo/20201219_wood_change_meetup

吉田博則HP
http://www.hy-ma.com
東京大学
計算機と切削加工機による 木工継手・仕口の設計・製作のための インタラクティブシステムを新たに開発 
日本経済新聞
東大、木工接合部(継手・仕口)の設計および製作のためのインタラクティブシステムを開発/日本経済新聞


フェアでスムーズな価値交換の実現を目指して。
望ましい交換を導き出す計算とは。
河瀬康志特任准教授インタビュー

News 2020-12-09

フェアでスムーズな価値交換を実現するためにはどんな交換が望ましいのか−。
河瀬康志先生は、望ましい交換の条件を計算によって導き出すために最適化技術を用いたアルゴリズムを研究されています。
耳慣れない言葉も多い数学の世界。実際にどのような研究を行われているのか、お話を伺いました。

河瀬康志(KAWASE Yasushi)
東京大学大学院情報理工学系研究科 数理情報学専攻
東京大学インクルーシブ工学連携研究機構
特任准教授
略歴


-まず、先生の研究トピックについて教えてください。

最適化問題(*1)の中でも「組合せ最適化」という分野に興味を持ち研究をしています。例えば、現在地から目的地までの最短経路を見つける問題や、いくつかの宿題をどのような順番で処理したら、期限に遅れる可能性を最小限にできるかという問題の「解」を求めることを組合せ最適化といいます。

解はコンピュータを使っても、単純にやると答えを求めるために何億年もかかってしまうことがあります。そこで、問題の構造を解析し効率的に最適解を求める方法(アルゴリズム)を構築することが、研究のひとつの目的となります。

また、現実世界では、そもそも最適解を見つけることが不可能な場合もあります。例えば、株の取引や競馬などです。未来がわからない中で意思決定しなければならないときは、最適解ではなく、どの程度「良い」解ならば求めることができるかを考えるという研究も行っています。

-さらに先生が専門とされているキーワードが、「オンライン最適化」と「「マルチエージェント最適化」ということなのですが。

「オンライン最適化」は未来がわからない中で意思決定をしていく最適化です。「オンライン」というとインターネットを想像してしまいますが、逐次的に入力がくるというのがオンラインの意味です。例えば、現在地から目的地までの最短経路で移動しようとする場合、道をいくごとに交通状況が変わりますよね。通常の最適化では計算する時点での状況で最短経路を求めればよいですが、オンライン最適化では逐次的に意思決定をしていかなければならないという違いがあります。

「マルチエージェント最適化」は、意思決定者が複数いるオークションなどの状況での最適化です。他人とどう協調し自己の利益を最大化するかや、どういうルールや制度を設計するのが望ましいのかについて最適化問題の視点から研究します。

-不確実な未来へのチャレンジとも言えますね。

そうですね。現状をモデル化した上で、どうするかを考えていく。最適な結果を得られるようにうまくコントロールするとも言えます。逆問題ではないんですね。

-日々の研究活動というのはどんな感じなのでしょうか?
楽しいなと感じるのはどんなときですか?

基本的には数学なので、紙と鉛筆(iPadとアップルペンシル)を使って定理を証明することがメインの研究活動です。どのような定理が成り立つかや、証明を考えるために考える時間が一番多いです。

他の研究者とディスカッションのときは楽しいですね。お互いアイデアをぶつけ合って、これだというのが見つかると。集まって黒板に実際の問題を書きながら、理論が成り立つかとか話をします。最近はzoomでやったりしているのですが、オンライン会議では難しい面もあり模索中ですね。

-情報収集のために日常生活でアンテナを張られていること、ひらめく瞬間というのがあれば教えてください。

最近は行動経済学の本をAudible(オーディブル)で聞いてます。研究内容に直結はしなくてもアンテナを広げるという意味では役立ちますね。日常生活で他のことをしているときに思いつくこともあります。”あれ?これで行けるかな”って。9割はダメなことも多いですが、いけるときももちろんあって。寝るときとか、常に考えているという感じでしょうか。

-すごいですね。学生への指導でひらめきについて話すこともありますか?

もちろんひらめきだけではなくて、ある程度知識が必要なので、うまく与えるようにしています。適切な問題を考えるのが研究の半分ぐらいと言われているので。適切な問題をうまく作って解くという感じです。


話題となっているオークション理論。
異なる分野間の協力がもたらす可能性。

-最近ノーベル経済学賞で話題になっているオークション理論についてどう思いますか。

オークション理論は経済学の分野で研究がはじまり、基盤ができたものです。その名のとおり競りや入札において 最適な戦略を考えるという点で、最適化に関連しています。その後コンピュータサイエンスの分野の研究者がオークション理論を含む経済理論を取り入れたアルゴリズム論の研究を開始し、アルゴリズム的ゲーム理論というあらたな分野としてコンピュータサイエンスと経済学の研究者が手を組んだ研究も近年行われているという状況です。

コンピュータサイエンスのスタート地点は「コンピュータ」で経済学は「人」なので、興味の対象やアプローチは異なるものになっています。研究者間のコミュニケーションも活発にとられていますが、違う種族という印象は受けます。

-アプローチが違うんですね。コミュニケーションにはコツがあるのでしょうか。

ここ20年ぐらいでコンピュータサイエンスの人たちが経済学に乗り出しました。Googleとかマイクロソフトも経済学を取り入れています。身近なところで言えば検索広告もどれを出すか決めるのにオークションが動いているんです。コンピュータサイエンスの面もあるし、オークション理論なので経済学の面もあります。

共同で行うときは、お互いの概念をまず聞いたりします。例えば、経済学では嘘をつかないようにインセンティブを設計することが考えられたりしています。これはコンピュータサイエンスの分野ではまず思いつかない概念です。 

-数理工学と経済学など複数の領域が一緒に取り組むことで、最適化問題の研究の可能性は広がると思いますか?貢献できる社会問題も増えるのでしょうか?

融合ではないですが、互いに協力することにより、お互いの分野を深めることができると考えています。最適化は様々な分野の基盤技術として役立ちます。しかし、経済学など新しい分野に適用し問題を解決するためには、その分野特有の制約条件などを扱う必要があり,新たな課題を克服することが必要となります。これは最適化分野自身の理論の発展にもつながりますし,お互いの分野の深化につながると考えます。

まずは、社会問題への応用の前提となる、公平に割り当てるという問題にはどのような数学的に良い構造があるかを追求したいです。応用の問題を解くためにはなにが必要なのかという部分ですね。

-価値交換における今後の課題や展望、RIISEでやりたいことを教えてください。

効率性と公平性の両立を目指したいです。効率性には、社会にとって無駄がない価値交換が実現できているという意味の効率性と、計算の効率性の2つの意味がありますが、どちらも実現したいです。つまり、社会の効率性と公平性を両立させた交換を効率よく計算するということについて、何ができ、何ができないかを理論的に解析していきたいですね。


Poimo, UIST2020「BEST DEMO AWARD」受賞インタビュー

News 2020-11-16

UIST2020でpoimoの論文が採択され「BEST DEMO AWARD」を受賞しました!東京大学とmercari R4Dが共同で開発を行っているポータブルモビリティ「poimo」の研究が評価された今回の受賞。トップカンファレンスの臨場感や受賞の裏側、インクルーシブな社会実現のための展望について受賞者へ聞きました。

「BEST DEMO AWARD」受賞者紹介

新山 龍馬 / NIIYAMA Ryuma
(大学院情報理工学系研究科講師。専門分野は知能ロボティクス)

佐藤 宏樹 / SATO Hiroki
(大学院情報理工学系研究科 学術支援専門職員。poimoプロジェクトリーダー)

鳴海 紘也 / NARUMI Koya
(大学院情報学環助教。専門分野はヒューマン・コンピュータ・インタラクション、ソフトロボティクス、
デジタル・ファブリケーション)

山村 亮介 / YAMAMURA Ryosuke
(mercari R4D リサーチャー。大学院工学系研究科共同研究員、竹芝CiP City&Tech委員会委員)



できることをやった結果。
偶然デモが盛り上がったというわけではなく、積み重ねによって得た賞

−では、まずUIST*とはどんな国際会議なのか、どんな思いを持って参加されたのか教えてください。

新山:私はUISTは3回目の参加で、縁がある国際会議です。ヒューマン・コンピュータ・インタラクション (HCI) の分野の中では、技術寄りのことを評価してくれる会議で、poimoの驚きを理解し、さらにその先の思いがけないような提案をしてくれる研究者がいる印象です。

鳴海:HCIの会議というとまずCHI**とUISTが思い浮かびますが、UISTはそれまでの内容からちょっと精度がよくなったものよりも、0が1になるかっこいい何かが見たい人が集まると思うので、poimoには非常に向いていました。

佐藤:HCIの分野でCHIとUISTは2大巨頭のようになっていて、調べていくと有名な人たちもみんなここを通っています。この2つの学会へ論文を通して参加したいという気持ちは元々あったので、ぜひ頑張ろうと思いました。

山村:私は、メルカリの立場で研究に参加しています。今回は翌日にpoimoの別の国内デモがあったため、UISTデモの現地では参加していませんが、mercariR4Dとしてトップカンファレンスを通したものがまだなかったので非常に嬉しかったです。poimoってちゃんと論文通しているんだな、ってメルカリの中でも見る目が一つ変わったので本当によかったなと。

*UIST: ACM Symposium on User Interface Software and Technologyヒューマン・コンピュータ・インタラクション分野の国際会議。第33回目の今回はオンライン開催。
**CHI:The ACM CHI Conference on Human Factors in Computing Systemsヒューマン・コンピュータ・インタラクション分野の国際会議。

−事前に評価されているという手応えはあったのでしょうか?

鳴海:テーマ自体の良さに関してはメンバー全員に自信があったのですが、論文としての完成度は正直不十分だと思っていました。査読者が細かい部分よりも取り組んでいる課題の重要性を評価してくれたというのは嬉しいところですね。

−査読コメントって厳しいことも結構書かれるんですか?

鳴海:厳しいですね。辛いです。基本辛いですが、今回のpoimoは比較的暖かく迎えられました。

新山:ほっとしました。暖かい気持ちになった。

−今回の論文で評価された点はどこなのでしょう?

一同:査読コメント思い出さなきゃ。笑

佐藤:マテリアルが柔らかく新しいものであったのと、個々人に合わせてデザインできるカスタマイズ性がうまく噛み合っていたところが、ロジックとしてグッとくるものだったのでは。

鳴海:poimoはメディアには登場していたけど、フルペーパーという10ページぐらいの論文としては初登場でした。なので提案それ自体が純粋に評価されたというのはあります。

佐藤:あとはコロナのこともある中、できることをやった結果。ユーザインタビューも踏まえて総合的に一本通した内容になっているんじゃないかと思います。

初のオンライン開催、締切の延長。変化の中での準備期間

−デモや発表の準備はどのくらいしたのでしょうか?

鳴海:UISTに出す決心は、投稿締め切り約7ヶ月前の昨年の9月ごろ。少しづつ準備していって、締め切りの4月が迫った今年3月の1ヶ月間は本当に猛スピードで作業しました。

山村:コロナの影響で締め切りが伸びて、GW明けになって。

佐藤:著者の中にいわゆる「学生」が一人もいなく、全員が職業を持っているという珍しいメンバー構成だったので、3月頃からしか始められなかったというのが正直なところですね。

山村:印象にあるのは、コロナで輸送が止まり予定していた物が届かないかもしれないとバタバタしたこと。その代わり締め切りが延長されたので助かりました。

−コロナの影響という点では、初のオンライン開催ということでしたよね。
準備や当日もかなり状況が違ったのでは?

佐藤:発表が現実世界のプレゼンテーションではなくビデオ発表だったので、ビデオ作成の作業がありました。ただ準備する時間はむしろ短かったんじゃないかなと。現地での一発限りの発表に向けた練習や移動がないので。

鳴海:ビデオは字幕も付けられるし、今回は学会がチャットツールのディスコードを使って、質問を書き込めるようにしていたんです。話すより書く方が質問しやすいし、発表者も質問タイムの前に事前に回答を考えられる。そういう良さもありました。

急遽行った廊下からのデモ配信。
デモならではのリアルな側面も楽しんでもらう要因となった。

[デモに向けて準備をしているところ]

−デモの配信を廊下から行ったというエピソードについて教えていただけますか。

佐藤:整備している様子が面白かったので、鳴海くんが「このまま流せば良いんじゃない?」と言ったのが始まりで。実際に長い距離を走る乗り物の発表なので、その様子が見られるということがウケました。

−最初は乗るという予定ではなかったのですか?

佐藤:1日目は自分たちの後ろにpoimoがあって、粛々と説明するというのをやっていました。2日目に廊下で乗るデモに切り替えました。

鳴海:デモってある意味、論文より難しい側面もあって。お客さんが来たその瞬間に必ず成功させるということなので。poimoはまだ乗るのがある程度難しいので、リアルタイムでは危ないんじゃないかと思っていたんですけど。新山先生がデザインを何通りかやってくださったので、デモができたという感じはします。

−夜中に学校の廊下でバイクですもんね。笑
そのときに盛り上がっている感触はありましたか。

佐藤:お客が笑ってくれて、質問をいっぱいしてくれたので、興味は持ってもらえているのかなと。

鳴海:あとは、デモ審査員のAlexとGieradが非常に暖かい雰囲気だったので、こちらもとても楽しくデモすることができました。とてもありがたかったです。

新山:2日目が終わる15分ぐらい前、そろそろ撤収かなってときに「きたよー!」って感じで元気に審査員が来て。バイク乗って往復したら爆笑していましたね。それでこっちも楽しくなった。

鳴海:普通のバイクほどはうまく乗れていないんだな、結構タイヤのスキール音がうるさいんだな、といったデモならではのリアルな側面もむしろ楽しんでもらう要因でしたね。

[審査員の方々がデモを見に来られた時の様子]

子供から高齢者まで、インクルーシブな日本発の乗り物。
未来社会を目指してpoimoと共に走り続ける!

−山村さんは翌日に別の展示があったとのことでしたが、各メディアやイベントで注目が集まっていることをどう感じていますか?

山村:翌日は、ショッピングモールの一角で他社のモビリティと一緒に展示でした。意外と反応がよくて。朝は空気を入れるところから見せて。

UISTのニュースを見ていると「poimoの新バージョンがやって来たぞ!」ってtwitterに書いてくれていたり、知られているんだなって。子供も展示スペースで「ネットに載っていたの持ってきてないんですか。あれに乗りたかった。」と言ってくれたり。新しい乗り物は子供にも人気があるんだなと思いました。

−今後の目標、インクルーシブな社会を目指し次はこれいこう!ということがあれば教えてください。

佐藤:乗ってみたいという声はよく聞くので、早く乗ってもらえるように実用化したい。

鳴海:子供用とかソファ型とか種類を増やしてひとつひとつの乗り味を洗練していきたいですね。

山村:高齢者の方にも興味を持ってくださる方が多くて。足が上がりにくいので、ソファ型がとても良いみたいで。運転免許を返納すると乗るものがない、でも怖いのはいやだという話をされていたりします。

今回の論文のポイントとして、個々人に合わせてカスタマイズできるというのがあったので、やはり子供から高齢者の方までそれぞれに合わせたインクルーシブな乗り物を作りたいですね。

新山:あとはバイク型をもっとちゃんと乗れるように改良していきたいですね。poimoと共にみんな次に向かって走っていきます!

<関連記事>
2020.10.26 東京大学大学院工学系研究科 トピックス
poimo website
ERATO川原万有情報網プロジェクト
次世代パーソナルモビリティ「poimo」躍進中、、!
poimo、UIST 2020「BEST DEMO AWARD」受賞!


poimo、UIST 2020「Best Demo Award」受賞!

News 2020-10-29

 移動したいときに膨らませて乗る携帯可能な乗り物「poimo」が2020年10月23日、UIST 2020「Best Demo Award」を受賞いたしました。

 UISTはコンピュータ・サイエンスの中でもヒューマン・コンピュータ・インタラクション(HCI: human-computer interaction)の分野においてトップの国際会議です。今年度は、10月20日から23日にかけて完全オンラインでの開催となり、採択されていたpoimoに関する論文「poimo: Portable and Inflatable Mobility Devices Customizable for Personal Physical Characteristics」の発表・デモストレーションが行われました。

 Best Demo AwardはUISTの賞のひとつで、素晴らしいデモストレーションに対して授与されるものです。初のオンライン発表という状況の中、どうしたら伝わるのか、どのようにデモを行うのか、発表方法について議論を重ねました。工夫されたパフォーマンスを高く評価していただきました。今回の受賞をステップに今後も未来社会での活用を見据え、更なる躍進を目指し研究に取り組んでいきます。

<関連記事>
2020.10.26 東京大学大学院工学系研究科 トピックス
poimo website
ERATO川原万有情報網プロジェクト
次世代パーソナルモビリティ「poimo」躍進中、、!


価値交換工学 萌芽研究RA等の募集について

News 2020-10-14

応募は締め切りました

RIISEでは2020年1月より、メルカリの研究開発組織R4D(以下、「R4D」)とテクノロジーの急速な発展による新たな価値交換について、既存の学問の枠にとらわれることなく幅広く研究する「価値交換工学」を共同研究としてスタートさせました。この度、この価値交換工学のコンセプトに合致しつつもシーズ段階にある研究を見出し、今後の「価値交換工学」の主要研究として育むべく萌芽研究とそれに取り組んでいただくRA等を募集いたします。
希望者は、下記の応募要領をお読みいただき、10月30日(金)17時までにフォームを通じてご応募ください。

応募フォーム(要ECCSクラウドメール)
研究提案書 (左記の様式をダウンロードし、記入の上、PDFファイルで応募フォームへアップロードしてください。)

◆募集対象
RIISEの連携部局である工学系研究科、新領域創成科学研究科、情報理工学系研究科、学際情報学府、生産技術研究所、先端科学技術研究センターに所属の大学院生。

◆募集事項
価値交換工学のコンセプトに合致する萌芽研究とそれに取り組んでただくRA等を募集いたします。
研究は、論文、学会発表の他、自ら生み出したい価値交換工学としてのアウトプット(アプリなどのプロダクト実装など)への取り組みも対象です。

◆本プログラムの特長
採択された研究テーマは、価値交換工学の共同研究の一部として取り扱います。希望者はR4Dメンバーとも対話しながら、研究を進めることが可能です。また、分野横断的に構成されたRIISE参画教員からアドバイスをうけることができます。(月1回程度の進捗報告)
一定の進捗が得られたものについては、メルカリ社の研究者や役員等(※1)とのディスカッション機会を得られる予定です。
※1 メルカリの研究開発アドバイザリーボードのメンバー(現在)
山田進太郎(メルカリ 代表取締役 CEO 社長)、濱田優貴(同 上級執行役員 CINO)、村井純名誉教授(慶應義塾大学)、川原圭博教授(東京大学)、尹祐根氏(産業技術総合研究所)、森正弥氏(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員パートナー、東北大学 特任教授)


応募要領​

◆研究期間
原則として採択から2021年度末までです。(※2)
その後に採択者が希望する場合は、加速フェーズと呼ばれる追加支援を1年間受けられる可能性があります。加速フェーズは、研究を引き続き支援することでより一層大きな成果になることが期待される研究テーマを選定するものです。採択者は、研究開始1年後を目処に実施する進捗評価までにこの加速フェーズを希望するかを判断して申請します。加速フェーズは、研究終了日翌日より最長1年となります。
なお、応募テーマは、指導教員の合意の上、修士論文、博士論文のテーマとして取り組んでいただいても結構です。
(※2)実際の研究期間は、提出いただく、研究計画の精査・承認により決定します。

◆研究費
1課題あたりの予算規模は、原則として2百万円 (直接経費)程度とします。予算の詳細は、提出いただく、研究計画の精査・承認により決定します。
採択された研究費は、RIISEとR4Dとの価値交換工学における共同研究費用の一部として取り扱います。使用には東京大学における財務会計ルールに基づく手続きが必要であることをご留意ください。

研究費(直接経費)とは、研究の実施に直接的に必要な経費であり、以下の使途に支出することができます。
 a. 物品費:新たに設備・備品・消耗品等を購入するための経費
 b. 旅 費:研究担当者および研究計画書記載のその他の研究参加者等の旅費
 c. その他:研究成果発表費用(論文投稿料等)、機器リース費用、運搬費等

研究計画には直接経費を記載ください。RAもしくは卓越RAについては、制度および待遇を「研究参加者の人件費待遇について」の項目でご覧いただき、ご希望を応募フォームへ記載ください。

◆採択予定課題数
最大5件。採択件数は、予算等の諸事情により変動する場合があります。

◆応募方法・スケジュール・選考
○応募の流れ
 オンライン説明会へ参加(任意)
 応募フォームへ必要事項を記入して応募。
 応募フォームに、所属、氏名、メールアドレス、研究タイトル、研究概要を記載ください。応募には、所属研究室の合意が必要です。
 応募する研究について、研究提案書を作成し、応募フォームへPDFでアップロードしてください。
 アドバイスを希望する場合は、RIISE参画教員、R4Dの担当者またはメルカリ社の部門を記入ください。(任意)

○オンライン説明会(参加は任意です)
 時間: 2020年10月13日 19:00~20:00(こちらよりzoom開催)
録画動画(要ECCSクラウドメール)
説明会資料(要ECCSクラウドメール)
○応募締め切り:10月30日(金)17時まで
○選考
 応募いただいた研究テーマについて書類選考を行なった後、通過者に対し11月9,10日(月・火)に面談(オンライン)を行い、採択します。
○採択基準・審査方法
 応募条件を満たした上で、オンライン説明会(任意)やその他の情報を通じて価値交換工学について理解をしてもらい、その目的にあっているか、また、成果の実現性や期待値をRIISE参画教員により審査します。

◆応募に際しての注意事項
応募要件に関して、以下のことを予めご承知おきください。
・採択までに応募要件(募集対象等)を満たさないことが判明した場合、原則として、研究提案書の不受理、ないし不採択とします。
・応募要件は、当該研究課題の全研究期間中、維持される必要があります。研究期間の途上で要件が満たされなくなった場合、原則として当該研究テーマの全体ないし一部を中止(早期終了)します。
・採択された研究テーマは、RIISEとR4Dとの価値交換工学における共同研究の一部として取り扱います。そのため、採択者は、東京大学民間等共同研究取扱規則をはじめとする東京大学 産学協創推進部本部に掲載の関係規則等およびガイドラインを遵守することが求められます。
東京大学 産学協創推進部本部

◆参考:研究参加者の人件費待遇について
※待遇については、所属や学年、他の助成、雇用の有無、審査結果によって変わるため、不確定要素があります。ご了承ください。
○ RA(リサーチアシスタント)
 対象:RIISE連携部局の大学院生
 待遇:修士課程15万円/月(標準)、博士課程20万円/月(標準)
 日本学術振興会特別研究員DC等との重複制限があります。重複に関する受給ルールは各自所属研究科でご確認ください。

○ 部局卓越RA 1名まで
 対象:工学系研究科修士・博士課程学生で部局卓越RAの採用基準を満たす者
 待遇:修士課程20万円/月(標準)、博士課程28万円/月(標準)
 日本学術振興会特別研究員DC等との重複制限があります。重複に関する受給ルールは各自所属研究科でご確認ください。


Call for Sprouting Research RA’s in Value Exchange Engineering

News 2020-10-14

Application is closed.

In January 2020, RIISE and R4D, the research and development organization of Mercari Inc., launched a joint research project “Value Exchange Engineering” to conduct extensive research on novel value exchange through rapid technological development.
At this time, we are looking to recruit research assistants (RA) to work on themes that are consistent with the concept of value exchange engineering but are still at seedling stages, and to foster these themes to main research of value exchange engineering in the future.
If you are interested in applying, please read the application guidelines below and submit your application by October 30 (Friday), 17:00 (JST).

Application form (ECCS Cloud Email required)
Research Proposal form

◆Eligibility

Graduate students in the Graduate School of Engineering, Graduate School of Frontier Sciences, Graduate School of Information Science and Technology, GSII, Institute of Industrial Science, and Research Center for Advanced Science and Technology at the University of Tokyo.

◆What you are applying for

We are looking for RAs to work on sprouting research themes consistent with the concept of value exchange engineering.
In addition to research publications and conference presentations, the research also covers efforts towards practical outputs in value exchange engineering, such as applications and other product implementations.

◆Features of the Program

Accepted research proposals will be treated as part of the value exchange engineering research collaboration. Those who wish to do so may conduct their research while interacting with R4D members. You will also receive advice from the multidisciplinary faculty members involved in the RIISE project. (Monthly progress report)
Those in advanced stages in their research will be given the opportunity to discuss with researchers and board members of Mercari (*1).
*1 Mercari R4D’s advisory board
https://r4d.mercari.com/en/news/r4d-advisory-board


Application instructions

◆Research period

In principle, the period from adoption to the end of fiscal year 2021. (*2)
At the end of the research period, if the grantee wishes, additional support called the Acceleration Phase may be available for up to one year. Research topics that are expected to become even more significant with continued research support can be selected for the Acceleration Phase. Grantees must decide whether they wish to participate in the Acceleration Phase before the progress evaluation scheduled one year after the start of the initial research period. The maximum duration of the Acceleration Phase is one year from the day after the initial research period is completed.
The research theme of your application may be the theme of your master’s or doctoral thesis pending an agreement with your academic advisor.
(*2) The actual research period will be determined by careful review and approval of the submitted research plan.

◆Total budget

In principle, the budget for each research project is approximately 2 million yen (direct costs). The details of the budget are subject to review and approval of the research plan to be submitted.
The adopted research funds will be used as part of the joint research funds for value exchange engineering between RIISE and R4D. Please note that the use of the funds is subject to the financial accounting rules of the University of Tokyo.

Research expenses (direct costs) are expenses that are directly necessary for conducting research and can be used for the following purposes

a. Supplies: expenses for the purchase of new equipment, fixtures, supplies, etc.
b. Travel expenses: travel expenses for research staff and other research participants listed in the research protocol
c. Others: research results presentation costs (e.g., article submission fees), equipment leasing costs, transportation costs, etc.

The research plan should state the direct costs.
For your RA or Excellent RA preference, please review the RA treatment in the reference section and select your preference on the application form.

◆Number of research themes to be adopted

A maximum of five (5) applications. The number of accepted applications is subject to change depending on budget and other circumstances.

◆How to apply, schedule and selection

Application process
– Participate in an online briefing session (optional)
– Apply by filling out the application form.
Please include your affiliation, name, email address, research title and research summary in the application form. You must obtain consent from your affiliated laboratory before applying.
Please prepare a research proposal for your research theme and upload it as a PDF file in the application form.
Please indicate if you wish to receive advice from RIISE participating faculty members, persons in charge at R4D, or a department of Mercari. (Optional)

Online Briefing Session (Participation is optional)
– Recorded video (ECCS cloud mail required)
– Presentation materials (ECCS cloud mail required)

Application deadline: 17:00, Friday, October 30

Selection
After reviewing the applications, the successful applicants will be selected through online interviews on November 9th and 10th (Monday and Tuesday).

Selection criteria and method
After fulfilling the application requirements, online briefing sessions (optional) and other information will be delivered to help the students understand value exchange engineering and its objectives. The feasibility and expectations on the research results will be reviewed by the RIISE participating faculty members.

◆ Notes

Please be aware of the following requirements for application.
– If it is determined that a research proposal does not meet the requirements for application (e.g., the subject of the application) by the time it is adopted, the proposal will be rejected or not accepted, as a rule.
– If you are unable to meet the application requirements before your proposal is approved, your proposal will be rejected or not accepted, in principle. If the requirements are not met during the research period, the research theme will be terminated in whole or in part (early termination), as a rule.
– The adopted research theme will be treated as a part of the collaboration between RIISE and R4D. Therefore, the grantee is required to comply with the rules and guidelines of the University of Tokyo’s Office of Cooperative Research and Development.

Division of University Corporate Relations, The University of Tokyo,
https://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/en/

◆Reference: Labor cost treatment of RAs

There is a limit to the number of overlaps with JSPS Fellowship DCs and other fellowships. Please check with your graduate school for the overlap rules.

RA (Research Assistant) 
– Eligibility: Graduate students from RIISE affiliated departments
– Compensation: Master’s program: 150,000 yen/month (standard), Doctoral program: 200,000 yen/month (standard)
There is a limit to the number of overlaps with JSPS Fellowship DCs and other fellowships. Please check with your graduate school for the overlap rules.

Excellent RA – 1 person
– Eligibility: Master’s and doctoral students in the Graduate School of Engineering who meet the criteria for departmental excellent RA
– Compensation: 200,000 yen per month for master’s course (standard), 280,000 yen per month for doctoral course (standard)
There is a limit to the number of overlaps with JSPS Fellowship DCs and other fellowships. Please check your graduate school’s rules regarding overlap with other fellowships.


次世代パーソナルモビリティ「poimo」躍進中、、!

News 2020-10-13

 カバンにしまえて、移動したいときに膨らませて乗ることができる自分だけの移動手段。「未来社会で移動の自由度を高めたい。」「多様な人々が文化・経済的活動に関わっていけるインクルーシブな社会に貢献したい。」そんな思いを乗せて開発されたのが次世代モビリティpoimoです。

 その活動は日経MJ、MONOist、テレビ東京等、各メディアへ取り上げていただいております。さらに2020年10月開催の国際会議「UIST 2020」にて論文「poimo: Portable and Inflatable Mobility Devices Customizable for Personal Physical Characteristics」が採択されたことを受け、更なる盛り上がりをみせています。この記事ではpoimoの躍進と近況についてお届けいたします。

 mercari R4Dと東京大学JST ERATO川原万有情報網プロジェクトとの共同研究により開発されたpoimoは、研究と社会が結びつくことで誕生しました。いくつもの研究を応用し、より環境に溶け込むデザインを追求することで社会実装、実用化されていく。本研究での成果がpoimoの実用化とともに、研究と社会を繋ぐプロセス作りの一助になることを期待しています。

 「UIST 2020」はユーザ・インタフェース技術などを扱う研究分野であるヒューマン・コンピュータ・インタラクション(HCI: human-computer interaction)の国際会議です。近年、HCIやロボティクスの分野ではインフレータブル構造(空気圧により膨らむ風船構造)の研究が進んでいます。poimoは以下の2点が大きく評価されました。
・従来硬質な素材で構成されていた車輪などの主要部品を風船構造で製作する手法
・ユーザーが乗るポーズをとるだけで自分の身長や姿勢に合わせた形をカスタマイズできる設計手法
これにより、軽くて柔らかく空気を抜いて折りたたむことができる構造、生活スタイルや社会の変容に伴う個人に合わせたカスタマイズが可能になりました。

 今後も実用化と普及に邁進すべく、継続して軽量化や操作性の向上、安全性の評価に取り組んでいきます。誰もが自分に合った移動手段を獲得できるインクルーシブな社会の実現。poimoは、類例ないパーソナルモビリティとして新分野を開拓していきます。


JAXA×sitateru「宇宙と地上の生活をアップデートする衣服」アカデミック・パートナー参画について

News 2020-09-07

 インクルーシブ工学連携研究機構(RIISE)は衣服生産のプラットフォーム事業を運営するシタテル株式会社と宇宙航空研究開発機構(JAXA)による「宇宙と地上双方の暮らしをアップデートする衣服 Earthian Wear」の取り組みにアカデミック・パートナーとして参画いたします。
 本取り組みは宇宙環境での衣服に視点をあて、そのクオリティーを向上させると共に地上の課題解決にもつながる衣服を目指すものです。未来の社会を見据え、衣服の新しい価値創造の実現に貢献いたします。

7月7日シタテル株式会社プレスリリース
https://sitateru.co.jp/news/pressrelease/20200707_jaxa


開催延期のお知らせ (インクルーシブ工学連携研究機構設立記念シンポジウム)

Events 2020-02-17

2020/2/19に開催予定でありました、インクルーシブ工学連携研究機構設立記念シンポジウムについては、500名を超える方々の参加申し込みをいただきました。

さて、国内外で感染者が発生しております、新型コロナウィルス感染症に関して、多くの人々の間で不安が広がっております。先週には、首相官邸より「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策」が発表されました。2/16に首相官邸で開かれた会議では、感染経路を特定できない可能性があるケースが複数出ていることから「国内の感染が発生早期で、さらに進行していくと考えられる」という共通認識が確認されております。

感染の拡大については、不確定な情報が多くあるものの、確実に国内で感染が拡大することが予期されております。そこで、皆様の 「命と健康を守ることを最優先に」という視点に立ち、シンポジウムの開催の延期を決定いたしました。

改めての開催時期については目処が立っておりませんが、機構としての活動の成果を広くお示しできるような時期と形態で実施したいと考えております。

皆様方、大変お忙しい中、お時間をお割きいただいたことに感謝を申し上げます。

開催直前のご案内となりご迷惑をおかけし大変恐れ入りますが、ご理解くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

東京大学 インクルーシブ工学連携研究機構長
川原圭博


RIISE設立記念シンポジウム開催のお知らせ

Events 2020-01-14

2020/2/17 12:00
国内外で感染者が発生しております、新型コロナウィルス感染症に関して、皆様の 「命と健康を守ることを最優先に」という視点に立ち、シンポジウムの開催の延期を決定いたしました。
改めての開催時期については目処が立っておりませんが、機構としての活動の成果を広くお示しできるような時期と形態で実施したいと考えております。
開催直前のご案内となりご迷惑をおかけし大変恐れ入りますが、ご理解くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

東京大学インクルーシブ工学連携研究機構(RIISE:ライズ)の設立を記念し、記念シンポジウムを下記のとおり開催いたします。

RIISEでは、工学を中心とした研究分野におけるシーズ技術を活用し、領域横断的な研究チームを組成することで、民間企業等との社会連携を通じて、インクルーシブ(包摂的)な社会の実現を目指します。

このためには民間企業や自治体といった様々なステークホルダーとの積極的な連携を通じ、オープンな場での技術やアイディアそして社会システムの在り方を議論することが重要になります。

本シンポジウムでは、RIISEの構成教員が手掛ける様々な技術シーズや、データを利活用した社会の実現に向けた取り組みについて紹介いたします。さらに、「先端技術と社会実装」、「価値交換工学」に関するパネルディスカッションを実施いたします。

皆さまにぜひともお越しいただき、 オープンイノベーションのパートナーとしての RIISEの活動にご理解、ご協力をいただけますことを期待し、ご案内申し上げます。

東京大学 インクルーシブ工学連携研究機構 (RIISE) 設立記念シンポジウム

日時   

2020年2月19日(水)14:30-18:15(開場 14:00)

会場   

東京大学 本郷キャンパス 安田講堂

式次第

開会の辞

1. 式辞

大久保 達也 (東京大学 大学院工学系研究科長)
五神 真 (東京大学 総長)

2. 来賓祝辞

中村 道治 様 (科学技術振興機構 顧問)
須賀 千鶴 様  (世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター長)

3. 連携機構の概要説明

川原 圭博 (東京大学 インクルーシブ工学連携研究機構長)

4. 記念講演

身体を”着替える”社会に向けて
稲見 昌彦 (東京大学先端科学技術研究センター 教授)

生物と機械をハイブリッドするモノづくり
竹内 昌治 (東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授)

Living Beyond Data: Whyを問うデータ連成社会をめざして
大澤 幸生 (東京大学 大学院工学系研究科 教授)

5. パネルディスカッション

「価値交換工学」

モデレータ:川原 圭博 (東京大学 インクルーシブ工学連携研究機構長)
パネリスト:
山田 進太郎 様(メルカリ 代表取締役CEO)
濱田 優貴 様 (メルカリ 取締役CINO)
山崎 俊彦 (東京大学 大学院情報理工学系研究科 准教授)
新山 龍馬 (東京大学 大学院情報理工学系研究科 講師)

「先端技術と社会実装」

モデレータ:馬田 隆明 (東京大学 産学協創推進本部)
パネリスト:
船橋 洋一 様(アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長)
須賀 千鶴 様 (世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター長)
中村 道治 様 (科学技術振興機構 顧問)

6. 閉会の辞

参加申し込み

参加のお申し込みは終了いたしました

問い合わせ先
東京大学 インクルーシブ工学連携研究機構(RIISE)
info@riise.u-tokyo.ac.jp


学術支援職員・学術支援専門職員の募集について

News 2019-12-03

RIISEでは機構の運営をサポートする事務スタッフを募集中です。

研究を進めるためには、研究に必要な機材や材料を購入したり、出張処理をしたりといろいろな事務作業が発生します。

迅速かつ正確に事務処理を行う研究室のバックオフィスは、いわば研究活動の縁の下の力持ちです。
定型業務もありますが、例外的な処理にも臨機応変に対応する機敏さも求められます。

当研究室では、SlackやG Suitesなどを使って、効率よく総務、経理、人事のお仕事をチームで分担する体制を敷いています。

現在募集中のポジションは以下です。

上記の求人にご興味のある方は、以下の2点の必要書類をご用意ください

  1. 東京大学統一履歴書
    https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/jobs/r01.html
    • 記入要領をよく読んでご準備ください。今回は署名は不要です。
  2. どの職務を分担したいか、その職務遂行に関連する、ご自身の業務経験、意気込みについて簡単にまとめた資料の作成をお願いします。書式およびページ数の指定はありません。

以上2点の書類をPDFでご用意いただき、一つのファイルに統合したうえで、こちらからアップロードをお願いします。応募の秘密は厳守し、応募書類は採用選考の目的以外には使用いたしません。


特任教員の募集について

News 2019-11-03

RIISEでは「価値交換」に関わるテクノロジーを、既存の学問の枠に囚われることなく幅広く研究することで、世界中の人々がフェアでスムーズな価値交換を行うことが可能な社会の実現を目指し、以下の3つのビジョンに基づいた研究課題に取り組んで参ります。この度、価値交換工学の研究教育に携わる特任教員の公募を開始いたします。

応募フォーム 
(要Googleアカウント)

◆職名および人数
・特任教授、特任准教授、特任講師、特任助教、特任研究員 数名

◆応募期限と選考方法
応募期限:2020 年3月31日 当初の応募期限を撤廃し、到着した応募から随時選考を開始いたします。採用時期は専攻の進捗に応じて決定いたします。
選考方法:
書類による一次選考のあと、二次選考として面接を実施します。
応募書類は、本応募の用途に限り使用します。正当な理由なく個人情報を第三者へ開示、譲渡、貸与することは一切ありません。
東京大学は男女共同参画を推進しています。女性の積極的な応募を歓迎します。また若手の応募を歓迎します。

◆ 参考情報
「5年で10億円」ソフトバンクの次はメルカリ。東大で「価値交換工学」の連携研究を発表|BUSINESS INSIDER
https://www.businessinsider.jp/post-203995

メルカリが東大と連携。いま「価値交換工学」の研究に取り組むワケ
https://forbesjapan.com/articles/detail/31555