Vision&Mission

人類は古くから物々交換に始まり、現在もさまざまな形で「価値交換」を行い続けています。近年、AIやブロックチェーンといったテクノロジーの急速な発展により新たな価値交換や信用の形が生まれています。RIISEでは「価値交換」に関わるテクノロジーを、既存の学問の枠に囚われることなく幅広く研究することで、世界中の人々がフェアでスムーズな価値交換を行うことが可能な社会の実現を目指し、以下の3つのビジョンに基づいた研究課題に取り組んでいきます。
1.価値の分析
モノやサービスの価値を希少性やコンテキストを踏まえて定量化する技術
2.価値の生成
人々が作り出したモノやサービスの価値を生み出し、高める技術の研究
3.価値の交換
価値交換を支えるプラットフォーム技術の研究

価値交換工学シンポジウム2021

2021年5〜7月に行われた価値交換シンポジウムサイトにて
研究紹介・対談動画を公開中
※本シンポジウムは2021年7月26日をもって終了しました


News


Publications

国際学会 / International Conferences

国内学会・シンポジウム等 / Domestic Conferences

Awards


Members

研究統括

川原 圭博特任教授工学系研究科・電気系工学専攻

教員・研究員

大澤 幸生特任教授工学系研究科・システム創成学専攻
小島 武仁特任教授経済学研究科・経済専攻
五十嵐 健夫特任教授情報理工学系研究科・コンピュータ科学専攻
苗村 健特任教授情報学環
栗栖 聖特任准教授工学系研究科・都市工学専攻
稗方 和夫特任准教授新領域創成科学研究科・人間環境学専攻
山崎 俊彦特任准教授情報理工学系研究科・電子情報学専攻
河瀬 康志特任准教授情報理工学系研究科・数理情報学専攻
鳴海 紘也特任講師工学系研究科・電気系工学専攻
Ari Hautasaari特任講師情報学環
笹谷 拓也特任助教工学系研究科・電気系工学専攻
Zheng WANG(王 正)特任助教情報理工学系研究科・電子情報学専攻
文 多美特任研究員工学系研究科・都市工学専攻
Ira Winder特任研究員新領域創成科学研究科・人間環境学専攻
Danilo Vasconcellos Vargas客員研究員九大大学院システム情報科学研究院 准教授
山村 亮介共同研究員メルカリR4D

Research Assistant

井澤 佳織RA工学系研究科・建築学専攻
幡谷 龍一郎RA情報理工学系研究科・創造情報学専攻
Maria LarssonRA情報理工学系研究科・創造情報学専攻
Toby Chong RA情報理工学系研究科・創造情報学専攻
小原 光暁 RA情報理工学系研究科・数理情報学専攻
易 聖舟RA情報理工学系研究科・電子情報学専攻
秋山 俊太RA情報理工学系研究科・数理情報学専攻
村山 貴志RA情報理工学系研究科・電子情報学専攻

Alumni

吉田 博則特任研究員2020.1.1 – 2021.8.31

Research

稗方 和夫 特任准教授
Project Associate Professor
Hiekata Kazuo
Ira Winder 特任研究員
Project Researcher

インタラクティブ・シミュレーションは、社会技術的なあらゆる問題に対する解決策を設計・最適化するための計算ツールです。この研究は、モデルベースの考え方と多目的意思決定の方法をあらゆる人々に包括的に提供することを目的として、社会技術的な課題に専門家ではないステークホルダーを参加させるための新しいユーザーインターフェースを構築します。

Interactive simulations are computational tools that allow people to design and optimize solutions to all manner of socio-technical engineering problems. The goal is to make the techniques of model-based thinking and multi-objective decision making inclusive to people of all backgrounds. Therefore, building novel user interfaces to include non-expert stakeholders in any given socio-technical engineering challenge is a major component of this research.

河瀬 康志 特任准教授
Project Associate Professor
Kawase Yasushi

人々が価値交換を行う際には,社会の余剰を大きくすることを目指しつつも,公平性の担保についても考慮する必要があります。また、このような状況においてどのような交換を行うことが望ましいかを計算する際には,実用的な時間内に計算が終わるアルゴリズムを開発する必要があります。
このような課題を最適化技術を用いることにより解決し、フェアでスムーズな価値交換が実現することを目指します。

When value is exchanged between people, it is essential to aim for both fairness in the value exchange as well as increase in social surplus. In addition, when calculating what type of exchange is the most desirable for such an outcome, it is necessary to develop algorithms that run in practical time. The aim in this research is to realize fair and smooth value exchange by solving the above issues using optimization technology.

Ari Hautasaari 特任講師
Project Lecturer

従来の消費者間取引(C2C)マーケットでは、金銭的利益のための商品の取引に重点を置いています。しかしながら、多くの中古品は、所有者にとって、金銭的価値だけではなく、感情的な価値も有しています。所有者が、物を大切に扱うことで生み出された思い出は、物と関連づけられ、感情的価値を保持していると考えられます。本研究では、C2Cオンラインマーケット上で、その感情的な価値がどのように交換されるかを明らかにすることを目指します。その上で、グローバルオンラインマーケットでの取引に関わる感情的・多言語コミュニケーションを強化することによる、感情的価値交換と共創を支援するための新たな情報技術を提案します。

The traditional consumer-to-consumer (C2C) marketplace focuses on trading goods and services for monetary compensation. However, used items, such as old instruments or collectibles, often represent more than their monetary value to their owners. The items are associated with the memories created from owning, using, maintaining and caring for them. The aim of this research is to investigate how this emotional value is exchanged in C2C marketplace, and how to support the co-creation of emotional value associated with an item in the global marketplace by enhancing emotional and multilingual transactions between buyers and sellers with novel technological solutions.

鳴海 紘也 特任講師
Project Lecturer
Narumi Koya

近年、従来のように形の決まったインタフェースに限らず、ダイナミックに形状の変化するインタフェースが研究分野では注目を集めています。我々は、空気で膨らむインフレータブルな素材や、折り紙やメタマテリアルなどの構造を駆使することにより、それらの形状変化インタフェースを社会に実装していきます。例えば、これまでに空気で膨らむ柔らかく安全で持ち運び可能なパーソナルモビリティ「poimo」などを研究してきましたが、今後は別な形状変化の方式を探るとともに、社会で実際に使えるpoimoを目指します。

Instead of the conventional static user interfaces we see in our lives, shape-changing interfaces that can dynamically change their shapes are recently drawing attention in the research field of human-computer interaction. By leveraging materials like inflatable fabrics and structure like origami and metamaterials, we deploy such shape-changing interfaces to our society. For example, we previously proposed “poimo,” portable and inflatable personal mobility devices. We plan to explore an alternative approach of shape change with different properties, while making the current poimo devices more usable and available to real users and the market.

笹谷 拓也 特任助教
Project Research Associate
Sasatani Takuya

スマートフォンなどの電子機器への電力供給をシームレスに行うために、無線給電などの新たな電源技術が研究されてきました。しかし広範囲への給電を行う場合、暗号化された無線通信のように特定の機器にのみ電力を送ることは難しく、支払いの対価として電力供給を行うようなサービスの実現に向けた障壁になっています。本研究ではユビキタスな無線給電システム上で選択的な給電を行うための基盤技術を開拓し、これまでは困難だった、広範囲・大電力でかつ空間的な解像度の高いエネルギー交換の実現を目指します。

Ubiquitous power delivery technologies, such as wireless power transfer, have been investigated for seamlessly powering distributed electronics such as smartphones. However, it is challenging to selectively target specific devices as the destination of power delivery when powering widely distributed devices. This drawback imposes challenges when designing services such as those that supply energy in exchange for payment. This research aims to develop selective and ubiquitous power supply technologies that can deliver large amounts of power, which will allow exchanging power with a high spatial resolution.

Zheng WANG 特任助教
Project Research Associate

私たちは、見たり、聞いたり、触れて感じたりすることのできる様々なマルチメディアデータに取り囲まれて日々生活しています。「人間を中心とした」マルチメディア研究というテーマには、2つの意味が込められています。1つ目はマルチメディアの理解・認識というのは画像や映像など人の営みを対象としているということ、2つ目はマルチメディアの理解・認識によって人々の暮らしをより豊かにすることを目指しているということです。
本研究グループは、基礎的なコンピュータービジョン技術と高次なデータマイニング技術の研究を通じて、我々の社会にとって有益なアプリケーションを創造することを目指しています。
関連するテーマには、人物照合、ファッション価値分析、人間行動理解などが含まれます。

The world surrounding us involves multimedia data — we see objects, hear sounds, feel textures, and so on.
Human-centric is mainly motivated by two aspects: humans are the main targets of multimedia understanding; multimedia understanding should benefit human life.
Our group aims to use low-level computer vision techniques and high-level data mining techniques to build valuable human-centric multimedia understanding applications to society. Related topics include person re-identification, fashion value analysis, and human behavior understanding.

大澤 幸生 特任教授
Project Professor
Ohsawa Yukio
早矢仕 晃章 プロジェクトメンバー
Project Member
Hayashi Teruaki

研究や科学技術の発展だけでなく、データは私たちの日常生活においても非常に身近で必要不可欠なものとなってきています。時々刻々と収集・蓄積されるデータはコンピュータの処理の対象であると同時に、人間の意思決定を支援するための重要な情報源です。
私たちは、こうした異種のデータや業種を連携し、イノベーションを導くデータ市場支援技術及び多様なデータの特性を理解した分析技術の研究と社会実装を行ってきました。
本研究では、異種のデータ連携から価値を導くプロセスを応用し、商品の魅力を感じる・伝えるプロセスメカニズムの理解、時々刻々と変化するモノの価値を説明する技術の開発を進めています。

In addition to scientific research and the development of technology, data are becoming indispensable in our daily lives. Data are both the targets for computer processing, as well as the important sources to support human decision making. By connecting different types of data and industries, we have conducted research and implemented technologies to support the data marketplace that leads to innovation, as well as analysis tools to understand the characteristics of various types of data. In this research, we apply the process of deriving value from heterogeneous data exchange and collaboration to increase our understanding of the process mechanisms of product attractiveness and develop technologies to explain the ever-changing value of “things.”


RA research


井澤 佳織
Research Assistant
Isawa Kaori

易 聖舟
Research Assistant
Yi Shengzhou

Class-Balanced Contrastive Pre-Training for Improving Imbalanced Learning

【東京大学×メルカリ】データが少ない事象の理想的な機械学習とは

秋山 俊太
Research Assistant
Akiyama Shunta

深層学習における正則化機構の理論解析とそれに基づく効率的なネットワーク圧縮手法の提案

【東京大学×メルカリ】数学的ディープラーニングの理論解析と求められるポストディープラーニングとは

村山 貴志
Research Assistant
Murayama Takashi

取引コミュニケーションにおける意図しない失礼表現を訂正するインタフェースの提案と効果の測定

【東京大学×メルカリ】ウェブ上における失礼表現の自動修正を行うアルゴリズムの研究と効果の測定

Alumni

吉田 博則 特任研究員
Project Researcher
Yoshida Hironori

20世紀初頭に勃興したモダニズムは大量生産システムが作る均一な素材美を的確に表現し、大量生産と消費を結び付けました。近年では安価なセンシングやファブリケーション技術の発展により、マスカスタマイゼーションが実装されています。本研究ではさらに素材一つ一つの固有性に着目し、不均一な素材を扱えるデザインとファブリケーションの方法論の確立を目指します。
The rhetoric of beauty in mass produced and consumed uniform materials was introduced by Modernism in the early 20th century. However, the emergence of inexpensive sensing and fabrication technologies in recent years has paved the way for the realization of mass customization. This research pushes this further, exploring the uniqueness of different materials and aims to establish a design and fabrication methodology for non-standard materials.